脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

オフィス用おすすめ通販コーヒー

オフィス用にコーヒーを用意したいなら『ラックらくCafe』がベスト

コーヒーをオフィス用に用意したいと思えば、どういった商品がいいのでしょうか?オフィスの場合は、悠長にミルで豆を挽く時間などないですし、ドリッパーで淹れている時間などもないはずです。お湯で溶かすだけのインスタントコーヒーで妥協してしまいがちですが、せっかくならおいしいコーヒーを飲みたいですよね。そこで今回はオフィス用に最適なコーヒーセット『ラックらくCafe』を紹介します。

"コレを買えば間違いない"オフィス用におすすめの通販コーヒー

ラックらくCafe

内容量:180袋

価格:9,750円(税込)、定期便初回5,400円

送料:無料

ラックらくCafe

180袋のドリップバッグに集金ボックス付き!
お茶からラテまであるベストなオフィスコーヒー

『ラックらくCafe』は、1つのラックに180袋のドリップバッグが並ぶ商品になります。本格ドリップコーヒーから、お茶、ラテに至るまで、種類もさまざまで、集金ボックスまでついています。

みんなでお金を出し合ってオフィスに設置し、飲んだ分だけ飲んだ人がお金を入れていくといった楽しみ方もできます。オフィスに置いて各自がシェアするなど、さまざまな使い方が考えられるオフィス用のコーヒーです。

ラックらくCafe オフィス用におすすめの3つの理由

おすすめの理由1

一日数杯飲むビジネスマンに嬉しいコストパフォーマンス

『ラックらくCafe』は180袋入っていますので、10人程度の部署に置いておけば、1人が一日に1杯飲んだとしても、3週間ほどは持ちます。ちょうどコーヒー豆の“賞味”期限が切れるころですね。コストも安くて、1杯に換算すると30円程度。自動販売機やコンビニでコーヒーを買う場合と比べても、とても安上がり。

福利厚生の一環としてオフィスに導入しても、それほどコストの負担がありません。定期配送もしてくれますので、毎回注文をするといったわずらわしさもありません。

おすすめの理由2

コーヒーだけでなく紅茶やラテもあり!バラエティー豊かなラインナップ

180袋は全て同じドリップコーヒーが入っているわけではありません。同じコーヒーでもオリジナルブレンド、モカブレンド、ヨーロピアンブレンド、ロイヤルブレンドなど各種ブレンドコーヒーが選べます。ブラジル、コロンビア、グアテマラなど1つの銘柄だけに絞ったストレートコーヒーもあります。緑茶や紅茶、ココア、抹茶カプチーノなども。女子社員も男性ベテラン社員も喜ぶ味がバラエティー豊かにそろっています。

おすすめの理由3

オフィスにぴったりの便利な引き出し付きラックがついてくる

初回は割引制度もあり、初回に限って1,620円相当の専用ラックも無料でプレゼントしてもらえます。縦置き型の省スペースなラックで、定期注文をすればラックに新しいドリップバッグを補充もできます。コインを入れる集金ボックスがついていますので、皆でお金を出し合ってシェアする楽しみもありますね。選ぶ楽しさがありますから、休憩時間がより充実するはずです。

ラックらくCafeのおすすめの飲み方

インスタントコーヒーと同じような手軽さで本格ドリップコーヒーを楽しめる商品になっています。同じコーヒーでもブレンドの内容や豆の銘柄が違いますから、苦味やコクを楽しみたいときは95℃の高めのお湯を注入してみてください。一方で酸味やキレを楽しみたいときは、90℃など低めのお湯を入れます。

電気ポットのお湯は保温状態で90℃。再加熱機能を使うなどして、お湯の温度を調整して楽しんでください。

最初に豆の中央にお湯を乗せるようなイメージで垂らして、蒸らしてから抽出するとよりおいしく味わえます。

ラックらくCafeをお取り寄せしてみました

  • stock

    大きなダンボールで届きました。中を開けてみると納得、専用ラックとその他に4袋もの詰め替え用ドリップバッグが入っていました。

  • stock

    ラックはダンボール紙でできています。中を開けてみるとすでに引き出しにドリップバッグがセットされています。この大容量は本当におトク。ラックの組み立て用の材料と組み立て方の説明の紙も入っていました。

  • stock

    組み立てたところです。集金ボックスが右上についています。このほか、砂糖やミルクを置くことができる専用の箱もついていました。

  • stock

    数ある中から「ヨーロピアンブレンド」を淹れて飲んでみました。
    エチオピア、インドネシア産の豆が主なようで、舌に残る苦味が「コーヒーを飲んだ」という満足感に繋がります。贈答用ページで紹介している同じくドリップバッグの「椿屋オリジナルブレンド」と比べるとやや物足りなさを感じますが、値段からすると十分でしょう。

オフィス用コーヒーはラックらくCafeで決まり!

オフィスの憩いの場にもなる、コストパフォーマンスに優れた逸品

忙しいビジネスマンにとって集中した仕事のあとの一服は、能率にも関わるところ。手軽に飲めて一息つける大容量ドリップバッグセットがオフィスで活躍することでしょう。専用ラックから気分に合わせて選べる楽しさから会話が生まれ、自然と同僚とのコミュニケーションを増やすことにも繋がりそうですね。大人数でシェアをしやすいコストパフォーマンスの良さや、専用ラックつきの利便性など、オフィスに持って来いの商品です。

こちらもおすすめ オフィスでも本格派コーヒー

スターバックスソロフィルター

画像引用元:スターバックスジャパン公式サイト(http://www.starbucks.co.jp/brewing/4524785211094/)

スターバックスソロフィルター

ペーパーフィルター不要のドリッパーで、
本格ドリップコーヒーをオフィスに

オフィス用のコーヒーとしてドリップバッグを紹介しました。ですが、ドリップバッグではどうしても豆から挽くドリップコーヒーに香味が劣ってしまいます。そこで、おすすめなのは「スターバックスソロフィルター」。一人分のドリップコーヒーを抽出できるペーパーレスドリッパーです。挽いた豆さえ用意できれば、喫茶店で飲むような本格的なコーヒーをオフィスでも楽しむことができます。落ちるお湯のスピードや量が計算されているので、特別なテクニックを要せずにコーヒーを楽しむことができます。

ソロフィルターで楽しみたい
おすすめの豆はこちら >