脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

サードウェーブコーヒーとは?

いまさら聞けない「サードウェーブコーヒー」の基礎知識

巷でもよく耳にする「サードウェーブコーヒー」。世界中に広まるコーヒー文化に起きた第三次ムーブメントでは、豆や道具にこだわり、一杯ずつ丁寧にハンドドリップで淹れるスタイルがトレンドとなっています。サードウェーブコーヒーの特徴や楽しみ方を詳しく説明します。

サードウェーブコーヒーとは何か

ハンドドリップでコーヒーを提供するお店

コーヒー文化には、これまで幾度も大きな変化が起きてきました。19世紀後半に起きたファーストウェーブコーヒー、1060年代に起きたセカンドウェーブコーヒー。そして今注目を集めているのがサードウェーブコーヒーです。

簡単に言えばサードウェーブコーヒーとは、高品質な豆、シングルオリジン、浅煎りの豆を特徴とした「風味・品種・産地を楽しめるコーヒーの飲み方」です。

一杯ずつハンドドリップで淹れられる雰囲気が日本の昔ながらの喫茶店を彷彿とさせるため、「昭和回帰」と言われることもあります。

これまでのウェーブをおさらい

ファーストウェーブコーヒー

19世紀後半、大量生産・大量消費社会が広まり、コーヒーも例外ではありませんでした。コーヒーの大量生産が可能となったことで、アメリカでは浅煎りのいわゆるアメリカンコーヒーが大流行します。

ファーストウェーブコーヒーによって、コーヒーは一気に庶民の飲み物となりましたが、同時に大量生産によるコーヒーの品質低下という問題も抱えるようになりました。

セカンドウェーブコーヒー

品質を無視するようなファーストウェーブコーヒーに歯止めをかけたのが1960年代のセカンドウェーブコーヒーです。深煎りの品質を重視したコーヒーに人気が集まるようになりました。

こうしたセカンドウェーブコーヒーの流れの中で、スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーといったシアトル系コーヒーチェーンの人気が爆発的に高まります。コーヒーショップのロゴ付きカップを片手に颯爽と歩くのがクールだというイメージが定着したのもこの頃です。

サードウェーブコーヒーのポイント

高品質な豆をハンドドリップで提供

サードウェーブコーヒーでは、日本の昭和の喫茶店のように、一杯ずつ主にハンドドリップでコーヒーが淹れられます。コーヒー生産量の5%程しかないスペシャルティコーヒーが使用され、ホスピタリティにもこだわったコーヒーの楽しみ方ができます。

シングルオリジン

サードウェーブコーヒーでは、原産国・生産地・処理方法がしっかりと明確になっている、他のコーヒーとブレンドされていない「シングルオリジン」が使われるのが特徴です。ワインのように、地域ごとに異なるコーヒーの風味や味わいを楽しむことができます。

浅煎り

セカンドウェーブコーヒーでは深煎りのコーヒーがトレンドでしたが、サードウェーブコーヒーは浅煎りのコーヒーが特徴です。コーヒー豆が持つ本来の酸味や果実感、甘みを楽しむことができます。