脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーの保存方法

開封の有無に応じて保存方法を変えることが必要

コーヒー豆は開封したかどうかによって、保存方法が違います。保存方法が間違っていると、コーヒー豆やコーヒー粉が劣化してしまい、風味が落ちる可能性があるため、注意が必要です。空気に触れやすい開封後は、正しい方法で保存することが望まれます。

開封前・開封後の保管方法

開封前・開封後の保管方法

保存方法

コーヒー豆を保存するときは、開封前は常温で保管し、開封後はパッケージによって密閉できる状態にしてから冷蔵庫で保存することが望ましいです。開封前は常温でも、できるだけ高温多湿の場所を避けるようにしてください。開封すると、空気中の酸素や湿気、温度変化などに晒されることになります。そのため開封後は速やかに冷蔵庫で保管しましょう、袋入りものは開け口をしっかりと閉じて、袋ごと密閉容器に入れると安心です。缶入りのコーヒー豆も、缶のふたをきちんと閉めてから冷蔵保存します。

・密閉すること
コーヒー豆を保存する際には、保存する容器に注意してください。コーヒーの豆や粉を劣化から防ぐには、できるだけ空気に触れないようにすることが大切です。容器は必ず密閉できるものを選び、ふたをしっかりと閉めてから保存しましょう。袋は空気を抜くようにして、口を閉じておきます。

・小分けにすること
コーヒー豆や粉を冷蔵または冷凍で保存する時には、小分けにしておくと最適な状態を保つことができます。なぜなら冷蔵庫から出し入れする時に、温度変化で水滴が付いて劣化しやすくなるからです。長期保存を心がけるのであれば、あらかじめ小分けにしておくと良いでしょう。

・温度は一定に保つこと
冷蔵庫の温度管理は、容器を密封するよりも重要になる場合があります。扉が頻繁に開け閉めされる状態では、低い温度を一定に保てません。開け閉めの多い家庭では、短期間でも冷凍庫を選ぶようにしましょう。

冷蔵・冷凍保存のメリット

コーヒー豆は、焙煎後に内部ガスを発生させます。このガスは、コーヒーの味わいを高める香り成分です。焙煎したばかりの豆は、まだ香り成分が弱いため、味があっさりとしてしまいます。おいしく飲むには、3日後くらいを目安にピークを迎える一週間前後くらいのものが良いでしょう。さらに時間が経つと、ガスが放出され続けるため、香りが減っておいしく飲めません。冷凍や冷蔵で保存をすると、このガスの放出を緩めることができ、風味の劣化を抑えることができます。

取り扱いは常温保存より慎重に

冷蔵庫や冷凍庫でコーヒー豆を保存する際は、未開封のものを常温で保存する時よりも、慎重に取り扱う必要があります。なぜなら、冷蔵や冷凍によって一旦豆の温度が下がると、再度常温に戻す際に劣化が速くなるからです。保存したコーヒーは、淹れるたびに必要な分量のみを使用して、飲みきるようにしましょう。また、冷蔵保存は3週間程度までを期限としておくと安心です。飲みきるまでに1ヶ月程度かかる場合は、冷凍庫で保存しておきましょう。

鮮度は見分けられない

・見た目はかわらない
コーヒー豆の鮮度は、見た目だけでは見極められるものではありません。劣化しているかどうか判断するには、実際に飲んでみることがおすすめです。新鮮なコーヒー豆で淹れたコーヒーは、酸味が強くてすっきり感がありません。初めて訪れるショップで豆を購入する際や、保存しておいた豆の鮮度が知りたい時は、まずは少量だけコーヒーを抽出して、香りや味を判断すると良いでしょう。

・劣化したコーヒーの風味
コーヒー豆や粉の鮮度を見極めるポイントとして、香りや味だけでなく、抽出し終わった粉の形状でも把握できます。鮮度の落ちた豆で淹れたコーヒーは、香りが弱くて甘さを感じやすくなるようです。また、お湯を含みにくく膨らまないため、淹れる前と後で粉の形状が変わりません。コーヒーの味も、すっきりせず舌につく感じがあります。以前と比べて思うように仕上がらなかった場合は、鮮度が劣化している可能性があるでしょう。

コーヒーの保存期間

賞味期限は2週間

コーヒーを正しく保存するためには、飲みきるまでの適切な期間を知っておくことが大切です。人によってコーヒーは、生鮮食品であると言う方もいます。一般的なコーヒーの賞味期限は、焙煎してから2週間~3週間程度が目安です。しかし、焙煎してからすぐに淹れると、香り成分が抽出しにくいため、焙煎後3~4日後のものを使うと良いでしょう。豆の状態であれば、1~2週間あたりが香りのピークを迎え、3週間を過ぎると酸化し始めます。