脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

デカフェとカフェインレスコーヒー

丸わかり!デカフェとカフェインレスとノンカフェインの違い

デカフェとは、なんとなくカフェインを抜いたコーヒーだと理解している人も居るかもしれません。そうなるとノンカフェインやカフェインレスとはどう違うのでしょうか? そこで今回はデカフェの意味やカフェインレスコーヒー、ノンカフェインとの違いを紹介します。また、デカフェのコーヒーがどういった味わいなのかなどもまとめたいと思います。併せてチェックしてみてくださいね。

デカフェとは

デカフェとは、そもそも何語で、どういった意味なのでしょうか? 答えは英語でdecaffeinated。ちょっと難しい言葉ですが、虫眼鏡でじっくりと英単語をチェックすると、de+caffeineだと分かります。deは除去する、取り除くと言った接頭語ですね。要するにカフェインを取り除いたコーヒーという意味。実際はコーヒー豆を水でさらしたり、豆に二酸化炭素を噴射したりして、豆の香りや味をそのままにカフェインだけ取り除いてしまう製法になります。

デカフェのコーヒー豆はUCCやM.M.C、共和コーヒーなどさまざまなブランドから商品化されていますので、カフェインが気になる人はぜひとも試してみたいコーヒーだと言えます。

カフェインレス・ノンカフェインコーヒーとはどう違うの?

デカフェの製法や意味について紹介しましたが、カフェインレスやノンカフェインのコーヒーとはどういった違いがあるのでしょうか? 一般的に、デカフェとカフェインレスコーヒーは同じ意味の言葉として使われています。どちらもカフェインを取り除いたコーヒーという意味ですね。

ただ、カフェインレスに関してはカフェインを90%以上除去したコーヒー豆に使われるケースが一般的で、デカフェに関しては97%など、さらに100%近くカフェインを取り除いたコーヒー豆に使われるケースが少なくないようです。

一方でノンカフェインは別物。完全にカフェインを取り除いてしまったコーヒーを言います。ノンシュガーなどと同じで、100%何も入っていないという点が「レス」とは違うのですね。

デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインコーヒーは、それぞれこんな人におすすめ

デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインコーヒー

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインについての違いを簡単に述べましたが、ではこうしたコーヒーはどういった人に向けて作られているのでしょうか?

第一にカフェインの過剰摂取が好ましくないと言われる妊婦や授乳中の女性などが考えられます。どの程度のカフェイン摂取が胎児に悪影響を与えるのか、その量については国によって基準が異なっていますが、悪影響の恐れがあるかもしれないという点はどこの国も一致しています。

コーヒー好きの妊婦さんにおすすめのデカフェ

例えば欧州食品安全機関の定める上限は、1日200mgまで。コーヒー1杯150mlに含まれるカフェインが80mgだとすると、2杯程度が目安ですね。米国、オーストラリアなどでもだいたい同じような基準になっています。1日に何杯も飲んでいたくせが抜けない、どうしてもコーヒーに手が伸びてしまうといった妊婦や授乳中の女性には、デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインのコーヒーがぴったりだと言えます。

子どもでも安心して飲むことができる

また、18歳以下の子どもにも、注意したいカフェイン摂取の上限があります。その年代の子どもは、体重1kgに対して3mgまでのカフェインであれば問題がないと言われています。20kgの子どもであれば1日にカフェインは60mgまで。60mgと言えば1杯のコーヒーで限度量を超えてしまいます。ミルクに混ぜて、コーヒー牛乳として飲ませる際は、要注意ですね。そういった子どもにも、デカフェが安心です。

コーヒーの良い効果を摂取したい

さらには、コーヒーの健康効果にあずかりたいと考える人にもオススメです。コーヒーにはポリフェノールが多く含まれており、美肌効果が確認されています。また、脳卒中やがんの予防効果まで指摘されるほど。カフェインが苦手でもこうした健康効果にあやかりたい人にも、ノンカフェインのコーヒーが向いていると言えそうですね。

カフェイン除去系コーヒーが、いま人気!

「でも、ノンカフェインとかデカフェって、おいしくないんじゃないの?」と疑いたくなる人も居るかもしれません。確かに一理ある指摘で、例えば従来の水でカフェインを除去する手法では、カフェインとともにコーヒーの香りや風味が一緒に流れ落ちてしまうというデメリットがありました。

しかし最近では、二酸化炭素を使ってコーヒー豆からカフェインだけを取り除く手法が開発されています。カフェインを97%除去しながら、味や風味は落ちないという技術が開発されています。どんどん技術は進歩していますので、「デカフェはおいしくない」という考えのある人も、ぜひとも試してみてくださいね。