脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

アイスコーヒーの作り方

ハンドドリップとコールドブリュー、2つの方法でアイスコーヒーを楽しむ

アイスコーヒーを自宅でおいしく楽しみたい、そう思ったらどうやって淹れればいいのでしょうか?普通のドリップコーヒーならなんとなく知っていても、アイスコーヒーとなると、ちょっと不安・・・という人も多いのでは? そこで今回はドリップコーヒーで作るアイスコーヒーと、水出し(コールドブリュー)で作るアイスコーヒーの両方を紹介したいと思います。

Alba 松本 卓巳さん

このページの監修

日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ

Alba 松本 卓巳さん

ハンドドリップ(急冷式)アイスコーヒー

ハンドドリップ(急冷式)アイスコーヒー

用意するもの

  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • 深煎りのコーヒー豆
  • グラス
  • 細口ケトル

手順

  • 1ドリッパーにペーパーフィルターと豆をセットする

    ドリッパーに、ペーパーフィルターと豆をセットしてください。豆は深煎りの細挽き、ドリッパーは1つ穴のメリタドリッパーがベストです。急冷式のアイスコーヒーは、氷にコーヒー液を注ぐ際に水で薄まるため、濃いコーヒーを抽出します。

    ハンドドリップアイスコーヒーの作り方1
  • 2細いお湯をゆっくりと注ぐ

    お湯の温度は95℃など高め。細口のケトルで少量のお湯を注ぎ、粉全体を湿らせて蒸らします。蒸らし時間は30秒ほど。その後は中央から外側に向け、円を描くようにお湯を注ぎ入れていきます。

    ハンドドリップアイスコーヒーの作り方2
  • 3グラスにたっぷりの氷を入れておく

    コーヒーを用意する一方で、グラスにたっぷりと氷を入れておきます。

    ハンドドリップアイスコーヒーの作り方3
  • 4コーヒーを氷の入ったグラスに一気に入れる

    抽出したコーヒー液を、氷の入ったグラスに一気に注ぎ入れます。ちょっとずつではなく、一気に入れて急冷してください。おいしいアイスコーヒーのできあがりです。

    ハンドドリップアイスコーヒーの作り方4

ポイント

  • ポイント1濃いコーヒーの淹れ方を覚えておく

    氷に溶けても味が損なわれない濃いコーヒーは、深煎りで細挽きの豆に高温のお湯をゆっくり注ぐとできあがります。また、コーヒー豆の量が多い方が濃いコーヒーが出ますので、普段のドリップコーヒーよりも気持ち、多めの豆を使ってください。ドリッパーはコーヒー液が流れ落ちる時間を遅くするために、1つ穴のメリタ式ドリッパー月使いやすいです。もちろん、他のドリッパーでもゆっくり湯を注ぐようにすると濃いめのコーヒーを抽出することができます。

  • ポイント2コーヒー豆は深煎りや、マンデリン・ブラジルなど

    深煎りに向いている豆と、向いていない豆があります。例えばマンデリンやブラジルはしっかりとした焙煎に耐えられる豆だと知られています。特にマンデリンは苦味が際立つ高級豆ですから、まずはマンデリンやマンデリンのブレンドでアイスコーヒーを作ってみては?

コールドブリュー(水出し)アイスコーヒー

コールドブリュー(水出し)アイスコーヒー

用意するもの

  • 水出し珈琲ポット
  • コーヒー豆
  • 細口ケトル

手順

  • 1水出し珈琲ポットに豆を入れる

    専用の水出し珈琲ポットの中に豆を入れます。豆は基本的に中深煎り&中細挽きを選びます。ハンドドリップで作るアイスコーヒーよりも、氷の影響を受けませんので、それほど濃厚な豆を使わなくても問題はありません。

    コールドブリューアイスコーヒーの作り方1
  • 2水を少量ずつ注ぎ入れる

    水出し珈琲ポットに豆を入れたら、水を細口ケトルでゆっくりと注ぎ入れます。一気に入れたくなるかもしれませんが、まずは少量を入れて、豆が水を吸い込んだら、再び水を入れポットを満たしてください。

    コールドブリューアイスコーヒーの作り方2
  • 3一晩、冷蔵庫に入れる

    水出し珈琲ポットを冷蔵庫に入れます。抽出時間は8時間~12間ほど。豆の種類や焙煎、挽き方によっても違ってきますので、時間を計りながら、自分の好みの味が出る抽出時間を探してみてください。

    コールドブリューアイスコーヒーの作り方3
  • 4コーヒー豆を抜き出す

    水出し珈琲ポットから豆を取り出します。いつまでも入れておくと、苦味や雑味が増して、おいしくなくなります。

    コールドブリューアイスコーヒーの作り方4

ポイント

  • ポイント1浅煎りの豆は要注意

    水出しのアイスコーヒーは、ハンドドリップのコーヒーで急冷するやり方と比べて、氷の影響がないといいました。その意味で濃厚なコーヒーを選ばなくても問題ないのですが、浅煎りの豆だとさすがに青臭さが出ます。

  • ポイント2専用の水出し珈琲ポットはあると便利

    専用の水出し珈琲ポットはやはりあると便利です。網目の細かいネットが内蔵されているため、コーヒー豆の粉が水に混じらずに済みます。豆を取り出すときも簡単ですので、できれば購入を検討してみてください。

使用した商品の紹介

珈琲特急便

珈琲特急便

豆の鮮度が最高!アイスコーヒーにも最適な焙煎が魅力

渋谷食品とUCCのコラボによって、実現した珈琲特急便。月に2回、焙煎から100時間後と最高の飲みごろに宅配してくれますので、新鮮な豆でアイスコーヒーを抽出できます。同店のブレンドはキレがありながら、しっかりした苦味もあります。ハンドドリップによる急冷式のアイスコーヒーを作っても、まったく味がぼやけません。