脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

基本のおいしいコーヒーの淹れ方~ハンドドリップ編~

コーヒー好きならマスターしたい、基本のハンドドリップテクニック

美味しいコーヒーを楽しみたいなら、ぜひ豆の状態のコーヒーを買ってきて、丁寧に手淹れ(ハンドドリップ)をしてみましょう。このページでは、喫茶店でもよく使用されるハンドドリップコーヒーの淹れ方を紹介します。

Alba 松本 卓巳さん

このページの監修

日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ

Alba 松本 卓巳さん

【バリスタ直伝】ハンドドリップコーヒーの淹れ方講座

用意するもの

  • コーヒー豆
  • コーヒー豆用メジャースプーン(なければ電子スケールなどグラム単位で重さを測れるもの)
  • コーヒーミル
  • コーヒーサーバー
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • 細口ケトル

手順

  • 1コーヒー豆を計量する

    メジャースプーンまたは電子スケールなどで、コーヒー豆の重さを測ります。一人分は約12gになりますので、必要な人数分測りましょう。

    ハンドドリップの淹れ方1
  • 2コーヒー豆を挽く

    計量した豆をミルにセットして挽きます。挽き具合はお好みですが、ハンドドリップには中粗挽きが向いています。ザラメ砂糖よりやや細かい粒子になるように挽くと中粗挽きになります。豆の量が多い場合は数回に分けて挽きます。

    ハンドドリップの淹れ方2
  • 3ペーパーフィルターをドリッパーにセットする

    ドリッパーとドリッパーの形に合ったペーパーフィルターを用意します。ペーパーフィルターのミシン目を折って、ドリッパーに密着するようにセットします。

    ハンドドリップの淹れ方3
  • 4コーヒー粉を入れて平らにならす

    挽いた豆の粉をドペーパーフィルターに入れます。ドリッパーのふちを叩いて、コーヒー粉の表面を平らにならします。

    ハンドドリップの淹れ方4
  • 5コーヒーサーバーやカップを温める

    コーヒーサーバーとカップにお湯を入れて温めておきます。お湯がサーバーの壁前面にあたるように軽く傾けて回した後は、お湯を捨ててドリッパーをセットします。

    ハンドドリップの淹れ方5
  • 690℃前後のお湯を用意

    沸騰させたお湯を細口ケトルへ入れ直すとお湯の温度が90℃程度に下がります。90℃を目安として、それよりも高温のお湯を使うと苦味が、低温のお湯では酸味が強調されたコーヒーになります。沸騰したてのお湯では高温すぎて、苦味だけでなく雑味のあるコーヒーになるので注意。

    ハンドドリップの淹れ方6
  • 7コーヒー粉を蒸らす

    コーヒー粉の中心からお湯を注ぎ入れ、円を描くように粉全体を湿らせます。コーヒー粉が湿ったらそのまま20秒ほど置いて、コーヒー粉をしっかり蒸らします。

    ハンドドリップの淹れ方7
  • 8抽出のための一湯目を注ぐ

    蒸らしが終わったら、いよいよコーヒーを抽出するためのお湯を注ぎます。中心から外側へ円を描くようにお湯を注ぎ、ペーパーにお湯がかかる手前で引き返します。ペーパーに直接お湯がかからないように、注意しましょう。

    ハンドドリップの淹れ方8
  • 9二湯目、三湯目を注ぐ

    膨らんだお湯がへこみ始めたら、二湯目を注ぎます。ドリップコーヒーは二湯目までで味が決まるので集中して淹れましょう。三湯目はコーヒーの濃度を調整するように注ぎます。速めに注ぐとあっさり、ゆっくり注ぐと濃く苦味が強調された味になります。

    ハンドドリップの淹れ方9
  • 10必要量のコーヒーがサーバーに落ちたらドリッパーを引き上げる

    コーヒーが必要量できたら、お湯が残っている状態のドリッパーをすばやく引き上げます。すべて抽出してしまうと、雑味の多い泡の部分までがコーヒーとして出てしまうので注意です。

    ハンドドリップの淹れ方10
  • 11サーバーを回すように軽く振って完成

    サーバーの中でのコーヒー濃度のムラがなくなるように、軽くサーバーを回すように振って完成です。カップに注ぎ入れて召し上がれ。

    ハンドドリップの淹れ方11

ポイント

  • ポイント1コーヒー豆は、淹れる直前に飲む分だけを挽く

    コーヒーの風味を損ねてしまう大きな原因は、豆の酸化。コーヒー豆は挽いてしまうと表面積が増え、急激に酸化しやすくなります。香りよく美味しいコーヒーを飲むためには、淹れる直前に必要分だけ測って挽きましょう。また、抽出したコーヒーも参加すると味が落ちてしまいますのでなるべく30分以内に頂きましょう。

  • ポイント2お湯を注ぐスピードで味が変わる

    お湯を注ぐスピードを調整することで、コーヒーの味を変えることができます。基本的には、3分程度で必要量を抽出するようにします。これより早いとあっさりとしたキレのある味に、ゆっくり注ぐと濃いめの味に抽出されます。

使用した商品の紹介

珈琲特急便

珈琲特急便オリジナルブレンド

ハンドドリップの美味しさに目覚める、熟練焙煎士のこだわりブレンド

新鮮で飲みごろの豆を楽しめるように、2週間ごとに150gの豆を届けてくれる優れもの。お湯を注いだ際にふっくらと膨らむ豆が圧巻。豆が新鮮な証です。その道25年以上の熟練の腕を持つ焙煎士がブレンドした、バランスに優れたコーヒーです。淹れ方によりさまざまな味わいをつくることができ、ハンドドリップの初心者から上級者まで幅広く楽しめる本格派の一品です。