脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーグラインダーの選び方

コーヒーを挽くときはどんなグラインダーを使えばいい?選び方を紹介

忙しい朝でも、挽き立てのコーヒーを楽しめたらと考える方は多いでしょう。このとき手動ミルを使うと数分かかる豆を挽く作業も、グラインダーなら10秒ほどで完了します。一度に挽ける豆の量も、一般的な手動ミルと比べてグラインダーは倍以上。数種類ある自動式ミル全般をグラインダーと呼びますが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。選び方をまとめましたので、購入する際の参考にしてみてください。

覚えておきたいグラインダーの特徴

ミルは手動と自動の2種類

上述のとおり、ミルには手動と自動式の2つの種類があります。手動ミルはレトロな見た目が可愛く、持ち運びも簡単。値段も比較的安価なため、「たくさん飲むというよりも、1杯のコーヒーを楽しみたい」という方にぴったり。自分の手で豆を挽く感触は、コーヒータイムの楽しみになるでしょう。

一方、自動ミルは一度に大量の豆を挽くことができます。手間もかからず、時短にも便利。忙しい日々のなかでも、おいしいコーヒーを飲みたい方に向いています。

詳しく知りたい方はこちら:コーヒー豆は挽いた直後が一番おいしい!ミルのすすめ

自動ミルが初心者にはおすすめ

初めてミルを購入する場合、手動を検討するかもしれません。安価なうえに、手で豆を挽く楽しみは手動ミルならでは。ただし、時間がかかってしまうことがやはり難点です。一度に大量に作ることもできないため、初心者は自動ミルのほうが使いやすいと言われています。

また、あとで手動を買い足して、普段は自動、時間があるときは手動というように使い分けて楽しむのも良いでしょう。まずは誰でもできる自動ミルで、挽き立てのコーヒーを楽しんでみてください。

コーヒーミルを使って豆を挽く

コーヒーを挽くための装置は手軽に購入できる

コーヒーを粉で購入している場合、「自宅に挽くための器具がない」という方も多いはず。この器具を「ミル」と言いますが、じつはお手頃な価格で購入でき、使い方もそう難しくありません。コーヒーミルには、手動で行うものと自動式の2種類があります。どちらを選ぼうか迷ったときには、それぞれの魅力とデメリットを比較してみましょう。

自動ミルは熱で風味が飛ぶ?

自動と手動のものを比較した際に、「自動ミルは、挽いたときに発生する熱で風味が飛ぶ」ということがよく言われます。しかし家庭で挽く量であれば、豆への影響はほぼありません。しかし、使い方によっては注意が必要で、ミルの規定を超えた豆を入れる、何度も連続して使用するといった場合には、熱が発生する可能性があります。

グラインダーは3種類

プロペラ式のグラインダー

プロペラ式(カッター式)の自動ミルは、ブレードグラインダーと呼ばれることもあります。その大きな特徴が、「コンパクト・低価格・簡単」の3本柱。食器棚にしまえる程度の大きさなので、場所を問わず使うことができます。価格も3,000円程度なので、気負わず購入できるでしょう。

プロペラ式は、刃が回転しながら豆を砕く、ミキサーのような仕組みです。それゆえに一度砕いた豆を挽き続けてしまい、粒の大きさにばらつきが出ることがあります。こうした挽きムラを防ぐには、2~3秒ごとにミルを上下に振りながら挽くことがコツです。
また、エスプレッソ用の極細挽きに対応できないことも難点。味にこだわりたい方は、プロペラ式は満足できないかもしれません。

臼式のグラインダー

臼式のミルは、上下の2枚の刃を使って豆をすり潰して挽くタイプ。そば粉を挽くための石臼と同じ構造になっており、粗挽きに向いています。手動ミルの多くは臼式と同様の仕組みなので、もともと手動を使っていた方でも挑戦しやすいでしょう。

このタイプのグラインダーは大きさがあり、据え置きで使用するため、ある程度の場所を確保しておかなければなりません。価格はおよそ6,000~8,000円で、プロペラ式と次にご紹介するカット式の中間くらいと言えるでしょう。

臼式の最大のメリットは、挽き具合の細かな調整ができること。カット式には劣りますが、価格とのバランスを考えると十分です。また、プロペラ式に比べて挽く際の摩擦熱が小さく、風味が損なわれる可能性も低くなります。

カット式のグラインダー

カット式は、2枚の刃で豆を挟んで切り刻む構造になっています。多くの商品は、形がギザギザした歯のフライトカッターです。このほか、円錐状の歯を使ったコニカル式と呼ばれるものもあります。こうした歯の作りは、カット式の特徴のひとつです。

また、上記で紹介した2つに比べて摩擦熱はほとんど起こらず、最も豆を均等に挽くことができます。コーヒーの風味を壊さないため、豆本来の味を思う存分楽しめるでしょう。その性能の高さから、喫茶店などで用いられることも少なくありません。

しかし、お店で使われるだけあって値段が張るものも多いです。サイズも大きいため、購入前に設置スペースが確保できるか確認しておきましょう。

まとめ

グラインダーにも個性あり!自分の好みに合うものを使おう

時間をかけることなく、たくさんのコーヒー豆を挽くことができるグラインダー。プロペラ式、臼式、カット式の3種類には、それぞれ個性があります。どれも手動ミルに比べると場所を取り、メンテナンスに手間がかかることは事実です。しかし使う頻度、用途に合ったものを購入できれば、グラインダーひとつでコーヒータイムはぐっと豊かになるでしょう。価格帯や手軽さも考慮したうえで、自分に合ったものを見つけてみてください。