脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

基本のおいしいコーヒーの淹れ方~ドリップバッグ編~

手軽においしくコーヒーを楽しむ、ドリップバッグ活用術

ドリップバッグは、簡易的な紙のドリッパーと適量の挽かれたコーヒー豆がセットになっており、お湯を注ぐだけで手軽にコーヒーを淹れられる優れもの。それでいてインスタントコーヒーにはない、本格的なコーヒーの香味や味わいを楽しめます。お湯を注げば簡単にコーヒーができるドリップバッグですが、さらに美味しく頂くためのコツを紹介します。

Alba 松本 卓巳さん

このページの監修

日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ

Alba 松本 卓巳さん

ドリップする

ドリップバッグコーヒー

用意するもの

  • ドリップバッグコーヒー
  • (あれば)細口ケトル、カップ

手順

  • 1パッケージで適量を確認

    まずは、パッケージに記載されているお湯の適量を確認しましょう。ケトルのお湯は、それよりも多めに用意しておきましょう。

    ドリップバッグコーヒーの使い方1
  • 2ドリップバッグのセット方法を守る

    パッケージを開封したら、ドリップバッグをカップにセットします。このとき、パッケージに記載されているセットの仕方を守るようにしましょう。セットに不備があると、お湯の重みでドリップバッグがはずれて豆がこぼれてしまうことがあります。

    ドリップバッグコーヒーの使い方2
  • 3お湯の温度を調整する

    沸騰したてのお湯はコーヒーに向きません。苦味や雑味が出てしまい、えぐさを感じる味になってしまいます。一般的には92℃程度がバランスの良い温度。それよりも高温だと苦味が、低温だと酸味が強調されます。パッケージに温度の指示がない場合は、92℃を目安にしてみましょう。

  • 4コーヒーバッグの粉を平らにしてセットし、蒸らす

    カップにセットしたら、中の豆が平らになるように何度か指でたたいて調整してください。平らになったコーヒー豆の中央に、円を描くようにお湯を少量注ぎ、粉全体を湿らせます。蒸らす時間は10~20秒程度で構いません。

    ドリップバッグコーヒーの使い方4
  • 5お湯の入れ方を工夫する

    蒸らし終わったら、いよいよコーヒーの抽出です。お湯は中央から円を描くように外へ。フィルターと粉の境界まで来たら、また外から内側へ円を描いて戻ります。カップにコーヒーが適量抽出されるまで2~3回繰り返します。

    ドリップバッグコーヒーの使い方5
  • 6最後まで落とし切らないうちにドリップバッグを外す

    適量のコーヒーがカップに抽出されたら、ドリップバッグに溜まっているお湯がすべて落ち切る前に外します。ドリップバッグにたまっている茶色い泡は雑味が多く、すべて出し切ってしまうと雑味のあるコーヒーになってしまいます。

    ドリップバッグコーヒーの使い方6

ポイント

  • ポイント1お湯の温度の下げ方を覚える

    季節やヤカンの形にもよりますが、沸騰したてのお湯をヤカンのまま1分程度放置すると丁度92℃前後まで温度が下がります。もしくは、ヤカンや電気ポッドで沸騰させたお湯を、一度細口ケトルに移すと適温まで温度を下げることができます。

  • ポイント2コーヒーの堤防を崩さない

    5でお湯を注ぎ淹れていると、ドリップバッグに沿ってコーヒー粉の堤防のような壁ができます。これをお湯で崩さないように注ぎます。お湯がコーヒー豆を通らずに落ちてしまい、味が薄まってしまいます。

使用した商品の紹介

椿屋ドリップ珈琲セレクション~クラシックアソート~

椿屋ドリップ珈琲セレクション
~クラシックアソート~

たっぷり12gの豆で抽出する、老舗・椿屋珈琲のブレンド

椿屋珈琲の看板オリジナルブレンドコーヒーをドリップバッグにした『椿屋ドリップ珈琲セレクション ~クラシックアソート~』。ドリップに適した中挽き豆をバッグの中に12gとたっぷりと詰めた商品で、本格ドリップコーヒーのような味わいを自宅やオフィスで気軽に楽しめます。プレミアムランク以上のコーヒーだけを扱った、ギフトにも最適の同商品。名店の各種ブレンドを気ままに楽しめるセレクションになっています。