脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーメーカーの種類

コーヒーはコーヒーメーカーの種類によって味が変わる

コーヒーメーカーは簡単に使えて、おいしいコーヒーが入れられるので便利です。一方で種類も多く、はじめて買う方は、その種類の多さや価格の幅広さから「自分好みの味」が出せるマシンがどれかわからず、迷ってしまうかもしれません。じつは、コーヒーメーカーは機構やメーカーによっても特色が異なるため、どれを選ぶかが大切です。種類を覚えて自分が好きな味を作れるマシンを探してみましょう。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーは、種類によって入れられるコーヒーの味が違ったり、使い勝手が異なったりします。誰でも簡単に使えるものがほとんどですが、選ぶ時には、自分の味の好みやメンテナンスしやすいかなどの観点から選ぶようにしましょう。ここでは代表的なタイプについて紹介します。

レギュラーコーヒー専用マシン

ドリップタイプ

コーヒーマシーンといわれて多くの人が思い浮かべるのは、ドリップタイプのコーヒーメーカーです。コーヒー粉を入れたフィルターとお水をセットしてスイッチを入れると、自動でお湯を沸かしてコーヒーを抽出してくれます。機構はハンドドリップを自動化したようなものとなりますが、その手間を省いてくれるのが特徴。さらに、人間ではなかなか難しい「まったく同じ抽出温度で毎回コーヒーが淹れられる」ので、「いつもの味」が簡単に実現できるのもメリットです。

使い方

  • まずはペーパーフィルターをセットします。側面と底面にある接着部分を折り曲げてからセットすることが必要です。セットしたら、底が浮かないようにフィルターを押して密着させます。
  • 事前に淹れる杯数分の豆をミルにセットして挽き、挽いた粉をフィルターにセットします。マシンの中にはミルと一体化したものもあり、これであれば豆の状態から抽出までを自動で行ってくれます。
  • 抽出するコーヒーの量に合わせて水を入れます。水専用の挿入口からメモリのラインまで注ぎましょう。
  • 上ブタを閉めたら、コーヒーメーカーのスイッチをオンにします。基本的に自動でコーヒーが抽出されるので、自分で調整することはありません。
  • 電源が自動でオフになったら、コーヒーが抽出されたサインです。コーヒーサーバーの中に抽出液が入っていることを確認しましょう。
  • コーヒーサーバーからカップへとコーヒーを注ぎましょう。熱くなっている部分もあるため、慎重に注ぎます。

エコポッドタイプ

エコポッドタイプのコーヒーメーカーは、最初から適量のコーヒー粉が入ってパックされた「エコポッド」というアイテムを使います。ドリップバッグのようなイメージで問題ありません。これをセットしてスイッチを入れるだけの操作で、おいしいコーヒーが楽しめるという装置です。ゴミ捨ても簡単で洗い物の手間もないのがドリップタイプのコーヒーマシンとの違いですが、豆の種類が限られるため、好みに合わせて味を変化させることは少し難しいかもしれません。

カプセルタイプ

カプセルタイプは、コーヒーを凝縮した液体が入った専用カプセルを使うコーヒーメーカーです。セットしてスイッチを入れるだけで短時間でおいしいコーヒーが淹れられます。コーヒー以外の飲み物のバリエーションも豊富で、オフィスの休憩室など、多くの人が利用する場に設置するのに向いています。また、種類が豊富で毎月宅配で届くため、購入の手間が省けるのも利点でしょう。

エスプレッソマシン

スタンダードタイプ

細かく挽いたコーヒー豆を、金属フィルターに詰めたうえで圧力をかけて、通常よりも数段濃いエスプレッソを抽出するのがエスプレッソマシーンです。カフェのようにカフェラテをはじめとしたエスプレッソが楽しめる反面、コーヒー粉のセットまでは手動で行う必要があり、抽出まで時間もかかります。また、マシンの価格自体もコーヒーマシンのなかでは軒並み高価です。エスプレッソが好きでラテアートなどに挑戦したい方など、こだわりたくなってきた方向けのものといえます。

使い方

  • エスプレッソマシンの給水タンクの中に、淹れたい杯数分の適量の水を入れて電源をオンにします。
  • マシンとカップを湯通しします。フィルターをつけたホルダーをセットしただけの状態で湯通して温め、カップも温めておくといいでしょう。
  • 極細挽きのエスプレッソ用のコーヒー粉をセットします。コーヒー粉の量は規定通りに準備することが大切です。
  • フィルターの水分を拭き、コーヒー粉を詰めます。手のひらで表面を平らにして、タンパーでタンピングをして粉を押し固めましょう。
  • 粉を詰めたホルダーをセットしたら、抽出ボタンを押します。20~30秒で抽出量が30mlになるのが目安です。適切な速度でない場合には、タンピングや粉の量などが適切ではないかもしれません。
  • 抽出したエスプレッソを楽しんだら、掃除をしてマシンを良い状態に保ちます。説明書に沿って正しい方法で行ないましょう。

カプセルタイプ

カプセルタイプのエスプレッソマシンは、クレマのたっぷり浮かぶ本格的なエスプレッソが、ボタン1つで抽出できるマシーンです。仕事や勉強などで毎日忙しい人の心のオアシスとして、濃厚なエスプレッソを楽しみたい人に向いています。いくつかのメーカーから発売されているため、使い勝手はそれぞれでも異なりますが、手軽さはスタンダードマシンよりもはるかに高いです。

エスプレッソポットタイプ

エスプレッソポットタイプのマシーンは、エコポットと同様にコーヒー粉がセットされたパックを使用します。カプセルタイプのエスプレッソマシーンのように時間のない人に便利な装置です。簡単においしいエスプレッソが楽しめて、自宅やオフィスでカフェのような本格派のコーヒーが楽しめます。

レギュラー・エスプレッソ両用タイプ

レギュラーもエスプレッソも飲みたいという人のためにぴったりの、両方を一台で楽しめるマシーンも発売されています。2つの抽出方法ができる抽出口が複数ついていて、コーヒー粉やポッドなどをセットして抽出を行います。使い方はレギュラー、エスプレッソともに、上記のタイプ別の方法で行ないますので複雑さはありません。ただし、通常のものと比べて大型となるので場所には注意が必要です。

ポイント

ポイント1:こだわりに合わせたコーヒーメーカー選びを
コーヒーメーカーは、どんなコーヒーを楽しみたいか、また、豆を挽くなどの手間をかけたいか、手軽さが必要かなど、人それぞれのこだわりポイントに合わせて選ぶことが大切です。

ポイント2:手間いらずなエスプレッソマシンもおすすめ
時間がなくても、手軽に家庭で本格コーヒーを楽しめるマシーンはあります。エスプレッソは手間がかかりそうに思われますが、マシーンを選ぶことで、意外と手軽に楽しめます。