脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

サイフォンとは?淹れ方を解説

懐かしさと近代的な雰囲気が漂うサイフォン

サイフォンとは、コーヒーを抽出する器具のひとつ。実験器具のような独特の見た目をしていますが、どこか懐かしい雰囲気もあります。喫茶店などで使用されることも多く、そのドラマチックな演出には思わず見とれてしまうでしょう。

コーヒーの抽出方法にはいくつかありますが、なかでもサイフォンは「真空ろ過式」という方法です。アルコールランプによりフラスコ内のお湯を熱し、発生した蒸気の圧力を利用して、コーヒー粉が入っているロートにお湯を移動させコーヒーを抽出します。

サイフォンは淹れた瞬間の温度が高くなるため、香りが引き立ちやすく、すっきりとした味わいになるのが特徴。そんな魅力的なサイフォンについて、深掘りしていきましょう。

この方法で淹れるための予算

サイフォン本体

5,000円~10,000円

・そのほかに必要な器具

サイフォンの器具そのものは、ロートやフラスコの汚れや破損がない限り使い続けることができます。しかし、サイフォンに使用するアルコールランプのアルコールやランプ芯などは、定期的な交換が必要です。ろ過用のフィルターは種類が多くあるので、いろいろ試して使ってみてもいいでしょう。

販売されているサイフォンの多くは、抽出器具として必要なものがセットになっています。しかし、なかにはフィルターやアルコールランプがついておらず、別で購入するタイプも。また、豆からコーヒーを淹れたいという方は、豆を挽くミルや豆の保蔵容器も必要です。サイフォンを購入する際は、自分の目的に合わせて必要なものを揃えるようにしましょう。

見た目もおしゃれなサイフォンで優雅なひととき

コーヒーが完成するまでの様子を、視覚的に楽しむことができるサイフォン。もちろん見た目だけでなく、コーヒーのアロマやフレーバーを多く含む成分が抽出され、まろやかさと香りが際立ったひと味違う仕上がりも魅力です。レトロな雰囲気を持つサイフォンの長所をお伝えします。

味が安定しやすく初心者でも使いやすい

サイフォンで淹れたコーヒーの味は、比較的安定しやすいことをご存知でしょうか。その理由として、人の技術を必要とする要素が少ないことが挙げられます。

サイフォンの抽出は、フラスコのお湯をアルコールランプで沸騰させ、蒸気の圧力によってお湯を移動させる「真空ろ過式」という方法。つまり抽出する際のお湯の温度が一定に保たれるため、同じ抽出状況を再現しやすいのです。

一方ハンドドリップは、お湯のかけ方や時間など抽出状況を一定にすることが難しく、熟練した技術を要します。作り方自体はドリップコーヒーと大きく変わらないものの、味を安定させやすいという点がサイフォンの魅力です。

見た目もよくインテリアとしてもおしゃれ

実験器具のようなルックスに、レトロとモダンな雰囲気が共存しているサイフォン。サイフォンで淹れたコーヒーは味覚、嗅覚だけでなく五感で楽しむことができると言われています。その可愛らしい容姿から、インテリアとしてキッチンや机に飾る方も少なくありません。また、できあがるまでの時間をおしゃれに演出できるのもサイフォンならではです。

今の自分に、ちょっとしたダンディズムを

サイフォンの複雑な見た目から「初心者には難しそう」と考えてしまいがちですが、難易度は見た目ほど高くありません。コーヒーメーカーに比べると、手間ひまがかかってしまいますが、淹れたときの際立つ香りや、待っているときのロマンチックな雰囲気は、サイフォンコーヒーだからこその楽しみ。淹れる過程まで楽しみたい方にピッタリです。

サイフォンでの淹れ方

1.フィルターをセットする

まずは、フィルターの準備をしましょう。布フィルター(ネルフィルター)の起毛面を上にして、ろ過器機に取り付けてください。フィルターはコーヒー液で10分ほど煮沸して、布とコーヒーを馴染みやすくしておきます。

2.ろ過器をセットする

ろ過器をロートに入れて鎖を引き、留め金を先端に引っかけます。このとき、ゴムパッキンの下に圧力調節穴という小さな穴が見えるかどうかの確認を忘れずに。

3.コーヒー粉をロートに入れる

軽量したコーヒー粉をロートに入れます。サイフォンに合うコーヒーの挽き方は、グラニュー糖よりやや大きめの中挽き。このとき、豆の計量をきっちり行わないと、味がブレてしまうので注意してください。たとえば、1人前のできあがりを150ccと考えたとき、15gの豆が必要です。

4.フラスコに作る分の水(お湯)を入れて沸かす

次にフラスコでお湯を沸かします。1人前150ccを例とした場合、10ccは豆に浸透するため、160ccのお湯を用意しましょう。また、アルコールランプの設置、点火もこのタイミングで行います。もしフラスコの周りに水滴がついていた場合は、しっかりと拭きとっておくこと。

5.ロートを差し込み1回目の撹拌

ロートを差し込む前に、お湯が完全に沸騰しているか確認します。確認ができたら、ロートをゆっくりと差し込んでいきましょう。ロートにお湯がのぼってきたら、コーヒー粉を軽く混ぜていきます。浮いている粉をほぐし、お湯と馴染ませる際は、手際よくスムーズに行うことがポイント。混ぜたあとに、泡・粉・抽出液が三層になっているのが理想です。

6.弱火でしばらく置いて抽出開始

混ぜ終わったら、しばらく弱火で置きます。中挽きなら20~30秒ほど、細挽きは15~20秒、粗挽きは30~40秒ぐらいが抽出時間の目安です。長すぎると苦味やえぐ味が出てしまうので、しっかり時間を計るようにしましょう。

7.火を止めて2回目の撹拌

もう一度、ロートの中を軽く混ぜ、フラスコ内にコーヒー液が落ちるのを待ちます。1回目の撹拌は、コーヒー粉とお湯を混ぜて味を出すためのものですが、この手順はスムーズなろ過が目的です。また、抽出後にロート内のコーヒー粉がドーム状のように盛り上がり、1番上層に泡がついていたら、良い抽出ができたサインになります。

ドリップでの淹れ方のポイント

器具の手入れはこまめに

サイフォンで使う器具の手入れには、注意が必要です。

・使用後のフィルターは煮沸したあと、冷水を入れた容器で冷蔵庫に入れて保存
・フィルターを使用する際は、コーヒー液で10分程度煮沸する
・フラスコは水滴がついていないように、よく拭いてから使う

使用後のフィルターを乾かしてしまうと、嫌な匂いがしたり、次に使用したときにコーヒーの味が変わったりする原因になります。清潔に保つためにも、布のフィルターをつける水は毎日取り替えるように心がけましょう。また、フラスコに水滴がついたまま火にかけると割れてしまうことがあるため、注意してください。

アイスコーヒーを淹れるのにもおすすめ

サイフォンで淹れたコーヒーは、ホットはもちろんのことアイスも絶品。抽出されたコーヒーを氷の入ったグラスに注ぐと、豊かな香りが広がります。これはほかの抽出方法に比べ、淹れた瞬間の温度が高く、香りが引き立つため。しっかりとした苦味がありつつも、キレのある後味を楽しむことができます。

今までも、そしてこれからも愛され続けるサイフォン

サイフォンでのドリップに、高度な技術は必要ありません。ただしフィルターやフラスコといった器具の扱い方だけは注意しましょう。待ち時間すら楽しめるサイフォンコーヒーは、同じ手順でも時間やかき混ぜ具合によって味が変化する奥深い一面もあります。回数を重ねるごとに、見た目以上の魅力に夢中になれるはずです。