脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

パーコレーターで淹れる

パーコレーターで淹れる

手軽でアウトドアにも使えるパーコレーター

パーコレーターは、西部劇などでも見るコーヒーの抽出器具です。室内でコンロを使って淹れるだけでなく、アウトドアにも適しているため、野外で利用するイメージを持っている人も多いでしょう。パーコレーターを使ったコーヒーは独特な風味を持っており、他の方法とは違った味わいを楽しむことができます。高価な器具も必要なく、シンプルにパーコレーター本体のみで始めることができるため、初心者にも向いています。また、淹れる工程を工夫したり、時間を変えたりすることで自分好みの味を追い求めることができるため、こだわり派の方も満足できる方法です。

この方法で淹れるための予算

2,000円台~

※種類によって大幅に値段が変わります。

・そのほかに必要な器具

パーコレーターは、抽出器具であるパーコレーター本体以外のアイテムを必要としません。そのほかには、野外でも使えるバーナーなどがあればOKです。

パーコレーターはコーヒー粉とお湯さえあればいつでもコーヒーを味わうことができます。また温めるための火元があれば、自宅でも屋外でも楽しむ場所を問いません。また、器具の購入自体も手軽で、使い方も複雑ではないため、初心者でも安心です。もちろん、豆からこだわりたい人であれば、ミルや豆の保存用の容器が必要ですが、挽き方を変えるなどして楽しむこともできます。

手軽でアウトドアでも活躍

パーコレーターは器具が1つで済むため持ち運びが簡単です。また、バーナーやストーブなどの火元で十分に使えるため、アウトドアでも楽しみやすいものです。独特な味わいと野外で飲む醍醐味を感じることができます。自宅で行うドリップとは全く違うので、興味があれば試してみると良いでしょう。

味は調節可能で少し濃いめ

パーコレーターで楽しむコーヒーは、ドリップコーヒーとは一味違ったものになります。淹れ方がそもそも全く違うため、良いところも悪いところも別だと考えておくと良いでしょう。パーコレーターではポットの中でお湯を沸騰させ、蒸気圧によって循環させることでコーヒーを抽出。何度も循環させるので濃い味になりやすく、沸騰させるため香りが飛びやすいと言われています。また、味わいは抽出時間で調節することが可能です。

器具も少なくアウトドアで使える

パーコレーターで使用する器具は抽出器のみで、壊れにくく手入れも簡単なので、アウトドアでも多く使われています。西部劇などでも良く登場することから、野外で使う印象が強いのではないでしょうか。パーコレーターは基本的に直火で使います。普通のガスコンロも使えますが、野外ではバーナーなどで作ることもあるでしょう。野外での火の扱いに慣れていない場合、火力の調節が難しく、煮詰まったコーヒーになることもあるため注意が必要です。

アウトドアらしいコーヒーを楽しみたい人に

パーコレーターは、抽出用の濾過器の付いた専用ポットが1つあればどこでもコーヒーが淹れられ、野外でもバーナーなどで火にかけて手軽に利用できます。独特な味わいですが、野外でコーヒーを淹れる楽しみと相まって、おいしく感じられるでしょう。器具が少なくて済むため、荷物が多くならず持ち運びしやすい点も魅力です。

パーコーレーターでの淹れ方

1.コーヒーをバスケットにセット

作る杯数分のコーヒーの粉をバスケットにセットします。器具に対する粉の適量は、バスケットの半分くらいです。コーヒー粉を入れたら粉の表面を平らにして、中ぶたを被せます。

2.火にかけて沸騰させる

バスケットを入れる前にお湯を沸かします。杯数分の水を入れたポットを火にかけて、沸騰させます。野外ではお湯を沸かすのにバーナーなどを使いますが、ガスコンロでも使えます。

3.バスケットをセット

お湯が沸騰したら、コーヒー粉の入ったバスケットをセットします。やけどしないように、1度火から下ろして(火を消して)バスケットを入れて、ふたを閉め、再び火にかけます。

4.覗窓からチェックしつつ抽出

弱火にかけながら、コーヒーを抽出していきます。抽出の進み具合は、ポットのふた上部にある透明のつまみでもある覗き窓から確認します。噴出して見えるお湯の色がコーヒー色に染まっていき、十分な濃さになったら出来上がりです。

淹れ方のポイント

豆の挽き方は中挽きか粗挽きで

パーコレーターでコーヒーを淹れる際、豆は中挽きよりも粗めを選ぶようにしましょう。これは、パーコレーターではフィルターを使わず、濾過器だけで抽出するため。粉が濾過器を通り抜けて、コーヒー液に混ざりやすいのです。濾過器を通りにくい粗さの粗挽きを選びましょう。また、コーヒー粉が粗くなるにつれて粉がお湯に触れる面積が少なくなるので、時間をかけて抽出するタイプのコーヒーが適しています。

微粉を除く作業で雑味をカット

パーコレーターを使ってコーヒーを淹れる際、細かい粉が濾過器を通り抜けてコーヒー液に混ざり、雑味や舌触りのざらつきが生まれることも。よりおいしいコーヒーを楽しみたい人は、微粉を取り除く一工夫を試してみましょう。豆を挽いた後、茶漉しでふるうと、微粉を取り除くことができます。また、ミルの刃が磨耗していると微粉が増えるため、新しい刃を使うことも大切です。

手軽に自分好みの味を追求できる抽出方法

パーコレーターは、アウトドアでもコーヒーを楽しむことができる手軽な抽出器具です。淹れ方は簡単で、道具もパーコレーター本体さえあれば良いため、初心者にも始めやすいでしょう。味わいは独特で、粉っぽくなることもありますが、工夫次第でおいしいコーヒーを淹れられます。豆の挽き方や淹れ方を工夫して自分の味を作る楽しみがある抽出方法と言えるでしょう。

マキネッタは自宅で簡単に濃厚なエスプレッソの味が楽しめるすぐれもの

コーヒー粉と水をセットして火にかけるだけでおいしいエスプレッソコーヒーが楽しめるマキネッタ。濃いめのコーヒーが好みの方は、淹れるのも片づけも簡単なマキネッタを一度試してみてください。他の抽出器具では味わえない濃厚な味わいを楽しむことができます。