脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

マキネッタでコーヒーを淹れよう

エスプレッソがシンプルな手順で簡単に淹れられる

マキネッタはイタリアで生まれたエスプレッソ専用のコーヒー抽出器具です。ハンドドリップやフレンチプレスと同様、おいしいコーヒーを気軽に楽しめる淹れ方として世界中に普及しています。濃厚な味わいのエスプレッソコーヒーを、業務用のエスプレッソマシンを使うことなく再現できるため、フレンチコーヒーやビターコーヒーの愛好者から人気です。

構造はシンプルで、コーヒーを淹れるときは粉と水を内部に入れて火にかけるだけ。お手入れも丸洗いでいいので、自宅やアウトドアで大活躍してくれます。

ここでは、気軽にお家で本格エスプレッソが淹れられるマキネッタについてご紹介します。

この方法で淹れるための予算

マキネッタ本体

3,200円~6,980円

・そのほかに必要な器具

マキネッタは器具本体のみでコーヒーを抽出することができます。ペーパードリップをするときのペーパーフィルターのように、付属品の用意は必要ありません。

マキネッタは小さめのケトルに似た見た目をしています。抽出方法はコーヒー粉と水を入れて火にかけるだけととてもシンプル。待つだけでおいしいエスプレッソが淹れられます。価格も高くなく、本体があれば付属品を買い足す必要がないので、コストパフォーマンスも高いです。

本場イタリアでは「一家に一台」のお手軽エスプレッソマシン

一見、ただのケトルのように見えますが、マキネッタはエスプレッソを淹れるために作られた道具。本場・イタリアでは家庭で気軽にコーヒーを抽出できる器具として愛用されています。ハンドドリップやフレンチプレスなどとは異なり、外から中身を見ることができない、お湯ではなく水とコーヒーの粉を入れて火にかけるなどの特徴があります。

手軽にエスプレッソが作れる

エスプレッソはコーヒーショップでしか飲めないと思っている人も多いかもしれません。しかし、マキネッタがあれば自宅でいつでもエスプレッソが楽しめます。使い方も簡単で、コーヒーの粉と水を入れて直火にかけるだけでOKです。

一般的にコーヒーショップや専門店では、電気式の業務用エスプレッソマシンで高圧抽出してエスプレッソを作っています。ポンプ式になっていて、コーヒーを抽出する際、表面にクリーミーな泡が生まれるのが特徴です。

一方、マキネッタのようなエスプレッソマシンは直火式と呼ばれていて、蒸気圧を利用して抽出します。業務用のような高圧は出せないものの、自宅で誰でも簡単に淹れられるのが最大のメリットです。

エスプレッソマシンよりも圧倒的に利便性が高い

家庭でエスプレッソを楽しむなら、エスプレッソマシンよりもマキネッタが便利です。シンプルな作りで持ち運びもできるので、コーヒーの粉と水さえあれば、アウトドアでもコーヒーを淹れられます。必要な道具はバーナーとカップ、マキネッタ本体だけです。

また、器具の構造が極めて単純なので、使用後のお手入れは水洗いするだけでOK。本体の中に水を入れてさっと洗い流せば汚れもその場で落とすことができます。とくにステンレス製のマキネッタならサビの心配もなく、さっと水分を拭き取れば乾燥するのでメンテナンスの手間がかかりません。

最近は家庭用のエスプレッソマシンも普及し始めていますが、やはり使い終わったあとの手入れを考えるとマキネッタのほうが使いやすいでしょう。

自宅で気軽に濃いコーヒーを飲みたい方の必須アイテム

マキネッタは、自宅で簡単に濃厚なコーヒーが楽しめるのが最大の魅力です。高圧かつポンプ式の業務用エスプレッソマシンのような濃さやクリーミーな泡は出せませんが、ハンドドリップやフレンチプレのような家庭用のコーヒー器具のなかでは一番濃い味を引き出せます。ミルクや豆乳と合わせたカフェラテが好みの方や、フレンチコーヒーのような苦味の強いほうが好みの方はぜひ持っておきたいアイテムです。

マキネッタでの淹れ方

1.豆を準備しバスケット部分に粉を入れる

まず、マキネッタのバスケット部分に細挽きのコーヒー粉を入れましょう。バスケットは底に抽出用の穴がたくさん付いています。エスプレッソのコーヒー粉を極細挽きにすると目詰まりの原因になるので、細挽きがベター。使う豆はエスプレッソ用でなくてもかまいませんので、好みのものを用意してください。

2.下部のポットに水を入れる

下部のポット部分に杯数分の水を入れておきます。粉をセットしたバスケットとサーバー、ボイラーを合わせて、しっかりとフタを閉めてください。このとき、フタがゆるいとコーヒーが漏れてしまったり、蒸気圧が逃げてしまってうまく抽出ができなくなったりするので気をつけましょう。

3.火にかける

マキネッタのセットが終わったら火にかけます。弱火〜中火でゆっくりと抽出するのがコツです。火が強すぎると早く抽出できる反面、苦味や雑味が出やすいので注意してください。

ドリップでの淹れ方のポイント

IHは非対応!

ほとんどのマキネッタはアルミ製やステンレス製なのでIH非対応です。キッチンがIHコンロの場合は、IH対応のマキネッタを探してみましょう。

とはいえ、基本的にマキネッタは底の直径が小さいためIHには不向きです。必ずガスコンロや電気コンロを使用し、底に専用器具や金網を敷いてコンロの五徳から落ちないように工夫してください。

はじめて使うときは何度か淹れて金属臭さを除こう

新品のアルミ製マキネッタは独特の金属臭がします。そのまま使うと臭いがコーヒーに移り、せっかくの香りが台無しになってしまいます。使い始めるときはコーヒーを抽出しては捨てる作業を3〜5回ほど繰り返すと臭いが気にならなくなるのでおすすめです。なお、使用後のコーヒー臭が気になるからといって台所用洗剤を使うのは避けましょう。内部のコーヒーの油分が取れて金属臭が出やすくなります。お手入れは水洗いのみにしてください。

サイズ選びは慎重に

「大は小を兼ねる」といいますが、マキネッタに関しては当てはまりません。マキネッタは器具の満量で毎回抽出するのが基本です。たとえば3杯分用のマキネッタで1杯分だけ淹れたいからといって豆を減らすと、蒸気圧の関係でうまく抽出できず、味が薄くなってしまいます。もしサイズ選びで迷ったら、日常的に一番淹れる杯数をイメージして購入してください。たまにお客さん用としてたくさん淹れることがあるから…という場合は、大きなサイズを買うよりも来客時だけ2回、3回と淹れ直すようにしましょう。

マキネッタは自宅で簡単に濃厚なエスプレッソの味が楽しめるすぐれもの

コーヒー粉と水をセットして火にかけるだけでおいしいエスプレッソコーヒーが楽しめるマキネッタ。濃いめのコーヒーが好みの方は、淹れるのも片づけも簡単なマキネッタを一度試してみてください。他の抽出器具では味わえない濃厚な味わいを楽しむことができます。