脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーの淹れ方・種類|ドリッパー

コーヒーの淹れ方の基本であり奥が深いドリッパー

ハンドドリップは、ドリッパーという器具とペーパーフィルターを使い、コーヒーを抽出するベーシックな淹れ方です。「コーヒーをこだわっていれる」と聞くとこの方式を思い浮かべる方も多いでしょう。ドリッパーは、プラスチック製や陶器、金属製、ガラス製など、いろいろな素材で作られており、その形状は台形か円錐のものが多く選択肢が豊富。フィルターを設置して粉を入れたら、上からお湯を注ぎ、底面に開いた穴から下のサーバーへコーヒーを落とします。

この方法で淹れるための予算

ドリッパー本体

500円~2,000円

その他の器具

3,000円~5,000円

・そのほかに必要な器具

コーヒーを淹れるためには、ドリッパーの他にフィルターが必要です。また、多人数用のサーバーだったり、豆から淹れるには豆を挽くミルだったりとこだわる場合や用途が異なる場合には必要な器具も増えます。

ドリッパーは手軽な抽出方法のひとつで、そろえる器具の価格も控えめです。必要な費用が抑えられるので、それ以外にお金を使うこともできます。他の抽出方法でも使える道具類は、これを機にそろえておくと良いかも知れません。挽きたてのおいしさを味わえるミルや保存用キャニスターなどは、長らく活躍してくれるアイテムです。

挽き具合と味わいの特徴

ドリッパーでの抽出はコーヒーの基本

ドリッパーでコーヒーを淹れる方法は、コーヒーを始めた人で味にこだわってみたくなったらまず採ってほしい選択肢のひとつです。ドリッパーによるコーヒーの淹れ方が初心者におすすめの理由を紹介します。ここから奥深いコーヒーの世界への入り口が開くでしょう。

器具をそろえるハードルが低く初心者におすすめ

ハンドドリップによるコーヒーの抽出は、非常にシンプルで器具にかけるコストも5,000円程度で済みます。器具一式をそろえられ、おいしく淹れられるので、趣味としてのコーヒーの世界への入り口として最適です。しかも、淹れた後の後始末は、フィルターを捨ててドリッパーを軽く洗うだけ。他の方法と比べて圧倒的に手軽です。

コーヒーの淹れ方には他にもいろいろなものがありますが、マシンの購入や手入れが必要だったり、消耗品が増えて邪魔になったりする方法も多いものです。例えば、フレンチプレスはコーヒーの味をより味わいやすいのですが、毎回の器具の洗浄が大変ですし、コーヒーメーカーは手軽な分、場所を取ります。道具にコストもかかるので、買う前に「飽きたら勿体無い」と躊躇してしまいそうです。ハンドドリップならこんな悩みはありません。

味の変化を楽しめる

ハンドドリップは、豆の挽き加減から抽出速度、お湯の温度まですべて自分でコントロールすることができます。これはハンドドリップの最大の特徴といっても過言ではないでしょう。もちろん、その分、やり方によっては大失敗をしてしまうこともありますが、上達を実感することもでき、慣れてくるとアレンジを楽しめるようになります。玄人から趣味の人までハンドドリップにこだわる人が多いのは、この醍醐味があるからです。

何度も淹れているうちに、自分の好きな味を作る淹れ方が分かってきたり、気分によって挽き方やお湯を注ぐ速度などの調節で味を変えたりと、楽しみ方が増えていきます。シンプルだからこそ、自分で工夫する楽しみを感じることができ、アレンジの幅も広がる方法がハンドドリップといえそうです。

手軽に自分好みのコーヒーを作りたい人におすすめ!

ハンドドリップは、コーヒーの淹れ方の中では初歩のように見えますが、「コーヒーははじまりも終わりもハンドドリップ」と形容されるほど、上級者にも愛されています。そのため、初心者の方がおいしい味を追求するために使う、味の基準を知るために使うのがおすすめ。そのうえで、自分のさじ加減ひとつで大きく変化させることもできるため、その時々の違いを楽しむ、自分好みの味を追及したい人にもおすすめできます。

ドリッパーを使ってハンドドリップする淹れ方

  • ハンドドリップは、ペーパーフィルターを敷いたドリッパーにコーヒー粉を入れて、お湯を注ぎいれるだけという簡単な方法です。コーヒー粉は少量のお湯で蒸らしてから抽出していきます。お湯を注ぐ際は口の細いケトルを使うのが基本です。上手にハンドドリップでコーヒーを淹れるためには、いくつかの注意があるため、詳しくチェックしておきましょう。

    バリスタ監修ハンドドリップ

ドリップでの淹れ方のポイント

淹れる直前に挽くのがおすすめ

ドリップでコーヒーをおいしく淹れるためのポイントに、淹れる直前に豆を挽くことが挙げられます。コーヒー豆は挽いておくと酸化が進みやすくなるため、非常に重要なポイントです。どの淹れ方に関しても同様ですが、豆は淹れる直前に使う分だけ挽き、できるだけ早く飲むのがおいしく味わうコツ。30分以内に飲みきるのがベストです。

ドリッパーやフィルターにもこだわってみよう

コーヒーをハンドドリップでより楽しむなら、ドリッパーやフィルターにこだわってみましょう。じつはこれらの違いでも味にはかなりの変化が出ます。ドリッパーなら、穴の数や大きさによってコーヒー液が落ちる時間が変わり、濃さや味わいが。また、ペーパーフィルターを使わないタイプのドリッパーを使うと、紙に味が邪魔されず、ダイレクトな味わいになります。いろいろな種類のドリッパーの特徴をチェックして、自分の好みの味が抽出できるアイテムを探すのもハンドドリップの楽しみ方です。

初心者にも楽しめて奥が深いハンドドリップ

ハンドドリップは、器具も淹れ方もシンプルで、誰にでも始めやすい方法ですが、じつは非常に奥が深い抽出方法です。こだわればこだわるほどコーヒーの楽しみを知り、自分だけの好みの味を追及できるでしょう。使う器具はシンプルですが、形の違いで味が変わり、デザインを楽しむこともできるので、だんだんと細かいツールにも目を向けてみてください。