脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーメーカーで淹れる

コーヒーメーカーで淹れる「おいしいコーヒー」とは?

手軽にコーヒーを淹れることができるコーヒーメーカー。それだけでなく、味を均一にできることや、一度に多くの量を作ることができることも長所にあげられます。「いつでもおいしいコーヒーを自宅でも飲みたいけれど、難しいのではないか」という悩みも、コーヒーメーカーなら解決。では、おいしく淹れるための秘訣はあるのでしょうか。コーヒーメーカーの基本から、淹れ方のポイントを見ていきます。

この方法で淹れるための予算

コーヒーメーカー本体

2,000円~8,000円程度

・そのほかに必要な器具

手軽に、そして本格的なコーヒーを楽しむことができるコーヒーメーカー。便利なコーヒーメーカーを導入するときに揃えておきたいものをご紹介します。

・コーヒー豆
・保存容器
・コーヒーミル

ただし、ミルが内蔵されている全自動コーヒーメーカーなら、ミルは必要ありません。

コーヒー豆は、通販サイトや実店舗などで購入可能です。栽培された気候や環境によって味や香りが異なるので、自分の好きなものを選んでみましょう。

コーヒーメーカーには抽出に必要な機能が組み込まれているので、このほか必要なものはおおむねありません。しかし「豆の状態から淹れたい」と考えている方は、ミルやコーヒー豆の保存容器も購入しておいてください。また、コーヒー豆は生鮮食品なので、そのまま放置していると劣化します。密閉容器に入れ、冷凍庫で保存しましょう。

コーヒーメーカーで「いつでも同じ味わいを」

メジャーなコーヒーの抽出方法としてハンドドリップを思い浮かべる方も多いでしょう。一見、簡単そうに見えますが、同じ味を再現することは難しいと言われています。それに比べ、コーヒーメーカーは豆を挽く手間を省けるだけでなく、味を安定させることが可能です。なぜ安定した味になるのか、その秘密を見ていきましょう。

いつでも同じ味が楽しめる

ハンドドリップでの味の再現が難しい理由として、お湯の注ぎ方や味の濃さなどを一定に保つために、熟練された技術を要することがあります。「自分で調節できる奥深さ」とも言えますが、気軽に楽しみたい方にはデメリットとなりうるでしょう。

一方コーヒーメーカーでは、豆と水の量さえ間違えなければ、気に入った味を何度でも楽しむことができます。なかには、自分のお好みの濃さに設定できるものも。「誰でも簡単にいつものコーヒーが作れる」というのは、コーヒーメーカーの最大のメリットです。

手間いらずで大量に作れる

「特にコーヒーへ強いこだわりはないが、いつも一定の味を飲みたい」、コーヒーメーカーはそんな願いも叶えてくれます。ハンドドリップで1杯作るには、お湯を沸かして、注いで、蒸らしてというように手間がかかります。時間をかけるからこそのおいしさも捨てがたいですが、忙しい朝でも簡単にお好みのコーヒーを淹れることができたら嬉しいでしょう。

コーヒーメーカーのなかには、複数人分作ることができるものもあります。なかには10杯作れる優れものも。ご家族でコーヒーを楽しみたい場合は、ハンドドリップよりもコーヒーメーカーのほうが向いているかもしれません。

1日の始まりは、この1台とともに

コーヒーを淹れる際に、時間をかけてじっくりと楽しむことができれば良いのですが、必ずしもそのような状況とは限りません。特に忙しい朝にコーヒーメーカーはとても便利です。またコーヒーメーカーはハンドドリップやほかの淹れ方と併用できるため、コーヒーが好きな方、趣味として追求していきたい方にも適しています。

コーヒーメーカーでの淹れ方

1.フィルターをセットする

最初はコーヒーメーカーに、ペーパーフィルター(紙のフィルター)をセットしましょう。セットする際の注意点は、持っているコーヒーメーカーの形状に合ったサイズのフィルターを選ぶことです。サイズが合っていないと、ドリッパーとフィルターの間に隙間ができてしまい、コーヒーがまずくなってしまうことも。

またフィルターの圧着部分は、折って使いましょう。こうして使うことで、フィルターの接合部分が剥がれてしまうのを防ぐだけでなく、密着性を高くすることもできます。

2.コーヒー豆を準備してフィルターへ

フィルターをセットしたあとは、コーヒー豆を挽きましょう。挽く豆の分量は、飲む分(人数分)だけにしましょう。コーヒー豆が持つ香りや味わいを、損なうことなく楽しむことができます。また、挽いた粉をフィルターに入れるとき、なるべく粉の中央が山盛りになるようにすると、お湯の流れの偏りを防ぐことが可能です。

3.水をタンクに入れる

コーヒーメーカーのメモリを見ながら、水を入れていきます。製品によってはタンクが着脱式になっているものもあるでしょう。また、水の量を調整してコーヒーの味を濃くしたり薄くしたりすることができます。お好みに合わせて水の量を変えてみてください。

4.作動スイッチを入れて待つ

ここまでの手順が終わったら、コーヒーメーカーの作動スイッチを押しましょう。押したあとは、コーヒーが抽出されるのを待つのみ。抽出が終わったらポットを外して、コーヒーを注げば完成です。カップに直接注ぐタイプのコーヒーメーカーの場合、コーヒーがカップから跳ねることもあるので、火傷に気をつけましょう。

ドリップでの淹れ方のポイント

豆にこだわろう

コーヒー豆を選ぶときには、新鮮さが重要になります。コーヒー豆は賞味期限ではなく、焙煎日によって新鮮さが分かるので、チェックするようにしましょう。

また豆の味は、挽き方によっても変わります。苦みのある濃い味が好きな方は、細かく挽いた豆を。苦みが少なく、さっぱりした味が好きな方は粗挽きした豆がおすすめです。また、一旦挽いてしまうと、表面積が広くなり酸化しやすくなるため、なるべく豆の状態で購入しましょう。

水にこだわるのもアリ

豆だけでなく、使用する水を変えてみるのもひとつの楽しみ方です。一般的に、コーヒーを淹れる際は軟水が勧められていますが、自分好みの水を使用して問題ありません。ものによっては浄水機能を備えたコーヒーメーカーもあります。その場合は、しっかり浄水するためにもフィルターの交換などのメンテナンスを忘れないようにしましょう。

コーヒーメーカーで、至福のひとときを

コーヒーメーカーであっても、豆の挽き方、水の種類などで自分のこだわりを反映することができます。「自分の好きな味をいつも楽しみたい」「手間をかけずに本格的なコーヒーが飲みたい」といったさまざまな思いに、コーヒーメーカーは応えてくれるでしょう。これひとつで気軽に、ご自宅で至福のひとときを体験してみてください。