脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

クレバーコーヒーでおいしいコーヒーを飲もう

コーヒーの淹れ方のいいとこ取り「クレバーコーヒー」

クレバーコーヒードリッパーは、ペーパーフィルターを使いながらフレンチプレスのようにコーヒーの粉をお湯の中に浸けておくという独特の抽出方法。フタをして蒸らす点や、粉とお湯をセットするだけで自動的にコーヒーの液体が落ちる構造になっている点など、従来の淹れ方の長所をうまくまとめた器具になっています。反面、味に伸びしろがなく、お手入れに手間が掛かるといった点はデメリットです。

ここではクレバーコーヒードリッパーの淹れ方と注意点をご紹介します。

この方法で淹れるための予算

クレバーコーヒー本体

2,500円~4,180円

・そのほかに必要な器具

クレバーコーヒーの淹れ方はドリップコーヒーとほとんど同じです。ドリップサーバーのほかにペーパーフィルターやコーヒーミル、コーヒーサーバーなどを用意しましょう。普段ペーパードリップを使っている人ならフィルターやサーバーはそのまま使うことができるので、ドリッパーのみですぐに楽しむことができます。

クレバーコーヒーのドリッパーは、ハンドドリップ用のドリッパーに、蒸らしに使う蓋と、サーバーに置くだけでコーヒーが落ちるストッパーが内蔵されたもの。ドリッパー本体を通販で取り寄せれば、市販のペーパーフィルターでもすぐにコーヒーを淹れられます。方法も難しくないうえに価格も手ごろなので始めやすいでしょう。

ペーパーフィルターとフレンチプレスのいいとこどり

クレバーコーヒーは普通のハンドドリッパーと見た目がよく似ています。ただし、抽出方法は粉をお湯に浸しておくだけと非常に手軽。淹れるのに技術が必要と言うペーパードリップのデメリットを、フレンチプレスのメリットでカバーした淹れ方がクレバーコーヒーです。クレバーコーヒーの特徴をもっと詳しく見てみましょう。

ハンドドリップよりも味が安定

ハンドドリップは道具が少なくて済むため手軽ですが、お湯の温度や注ぎ方、蒸らしの時間など、淹れる人の腕によって味にバラツキが出やすいのが難点です。その点、クレバーコーヒーなら蒸らしの時間を計って抽出さえすれば、安定した味を出すことができます。

これは、一度蒸らしながら浸透を行うため、お湯の注ぎ方によって味がブレないのが理由。コーヒーの味を毎回一定レベルで引き出せるので、技術や経験がなくてもおいしいコーヒーを楽しむことが可能です。

また、粉がコーヒーに入る心配もないため口当たりがよいのもうれしいところ。ハンドドリップの練習をしても思うような味が出せないと悩んでいるなら、一度試してみる価値はあるでしょう。

後片付けが楽ちん

クレバーコーヒーはペーパーフィルターを使っているので、抽出後の粉はフィルターごと捨てられます。また、フレンチプレスの場合はレバーのプレス部分にコーヒーの粉が付着するため、流水で丁寧に洗わなければなりません。クレバーコーヒーであればさっと洗い流すだけでお手入れ完了。フレンチプレスのような味わいが楽しめるのに、手軽さはペーパーフィルターでドリップするときと同じです。

ペーパーやフレンチプレスでは物足りなかった方におすすめ

クレバーコーヒーは、ハンドドリップとフレンチプレスの両方のメリットを活かした、新しいスタイルの抽出方法。ハンドドリップではうまく淹れられないと悩んでいるコーヒー初心者の方や、フレンチプレスは掃除が面倒、と躊躇していた方にはぴったりの器具でしょう。フレンチプレスのざらざらした粉が残るコーヒーが苦手な方にもおすすめです。

クレバーコーヒーでの淹れ方

1.ペーパーフィルターをセットし、お湯を回し入れた後にコーヒー豆をセット

まず、クレバーコーヒードリッパーにペーパーフィルターをセットします。ポイントは、粉を入れる前にお湯を回し入れること。こうすることでフィルタの紙の臭いを取ることができます。使ったお湯を捨てたら、中挽きのコーヒー粉を入れてください。

2.お湯を注いで時間を置き抽出

杯数分のお湯をゆっくりと注いだら、ドリッパーに付属しているカバーでフタをして抽出します。置いておく時間は約3分。慣れてきたらお好みで時間を増減してもいいでしょう。

3.撹拌をしながら混ぜる

時間が経ったら一度フタを開けてみます。お湯の上にコーヒー粉が浮いていますので、スプーンで底の方からよくかき混ぜましょう。ゆっくりと丁寧に混ぜることで粉を均一にお湯に馴染ませ、安定したコーヒーの味を出しやすくなります。再びフタをしたら蒸らしの時間を待ちましょう。

4.サーバーやカップに乗せて落とす

ドリッパーをサーバーやカップに乗せると自動的にコーヒーが落ちてきます。フィルターの中が粉だけになり、コーヒーの液体が落ち切ったら片づけてください。

ドリップでの淹れ方のポイント

丁寧なメンテナンスは分解して

クレバーコーヒーを使い終わった後は、基本的に水洗いするだけでかまいません。しかし、定期的なメンテナンスは必要です。使っていくうちに汚れが付着したり、水アカが目立ったりしてきたら、一度分解して掃除をするようにしましょう。ドリッパーのプラスチック部分は折れやすいので、取り扱いに注意してください。

手間をかけても研究したい人は向いてないかも

クレバーコーヒードリッパーは、フレンチプレスのように誰でも簡単に一定の味を出すことができます。手軽にコーヒーを楽しみたい方には便利ですが、ハンドドリップのように腕を磨いて味のレベルを上げていきたい人には不向きといえるかもしれません。味こだわりたい方や、趣味としてコーヒーの淹れ方を研究したい方はハンドドリップに挑戦しましょう。

賢く欲張りなクレバーコーヒー

ハンドドリップとフレンチプレスの良いところをうまくマッチングさせたクレバーコーヒー。ペーパーフィルターがコーヒーの粉を受け止め、抽出時間が来たらワンタッチでさっとコーヒーを落とせるすぐれものです。ハンドドリップのように好みの味を追い求めたい人には物足りないかも知れませんが、ちょっとしたコーヒータイムを楽しむのには最適。いつでもおいしいコーヒーが飲みたい、という方は試してみても良いでしょう。