脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーで喘息の症状を緩和できる?!

コーヒーで喘息の症状を緩和

呼吸が苦しいなど、日常生活にも影響するつらい喘息の症状。気管が狭くなったり炎症を起こしたりするのが原因となりますが、コーヒーの中に含まれるカフェインにこうした喘息症状を改善する効果が期待できることがわかってきました。

喘息症状の緩和にコーヒー

そもそも喘息とは、口や鼻から入った空気が肺に届くまでの通り道である気管、気管支が刺激を受けて空気の通り道が狭くなったり、炎症を起こしたりする病気のことです。

喘息

喘息になると呼吸が苦しくなったり、呼吸すると「ヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)が聞こえたりといった症状が現れます。大人から子供まで喘息にかかることがありますが、子供の場合ハウスダストやダニ、季節の変化などが原因になることが多く、大人の場合ストレスやアルコール、過労などが原因になることが多いです。

完治するまでに時間がかかることの多い病気ですが、コーヒーに含まれる成分が喘息症状の改善に効果が期待できることがわかってきました。コーヒーを飲むことで、気管支の炎症を抑えたり、狭くなった気管を緩めてくれたりする効果が期待できると言われています。

カギとなる成分は「カフェイン」

喘息症状の改善のカギを握るのがコーヒーの中の「カフェイン」という成分です。眠い時に摂取する成分としても認知度が高いですが、実はこのカフェインは現在喘息治療薬として使用されているテオフィリンという成分の仲間なのです。テオフィリンには気管や気管支の炎症を鎮めたり、気管支周辺の筋肉を緩めて器官を広げたりする作用がありますが、同じような効果がコーヒーにも期待できると言われています。

また喘息の発作は副交感神経が活発な時に起こりやすいと言われていますが、カフェインを摂取すると交感神経が優位になるので、コーヒーを日常的に愛飲することで喘息の発作も起こりにくくなると考えられています。薬代わりとして飲むことはできませんが、喘息の発作を起こしにくくしたり、喘息の症状を軽減したりするためのサポートとしてコーヒーを取り入れることができます。

喘息患者がコーヒーを飲む際の注意点

喘息患者でテオフィリンを服用している場合には、注意が必要です。テオフィリンはテオドールやスロービット、テオフルマート、テオスローといった商品名で処方されています。副作用として吐き気や頭痛、動悸、食欲不振などが挙げられています。

また稀に痙攣(けいれん)や意識障害といった銃刀な症状を引き起こすことも報告されています。カフェインはテオフィリンと同じ仲間なので、コーヒーと併用することで過剰摂取となり、こうした副作用を引き起こしやすくなることも考えられます。まずは医療機関に相談してからコーヒーの摂取や量を決めましょう。