脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーの持つ美肌効果とは

コーヒーがもたらす嬉しい美肌効果

コーヒーに含まれているクロロゲン酸には、シミを防ぐ美肌効果や、肌の老化を抑えてくれるアンチエイジング効果、肌荒れやニキビを抑えてくれる殺菌効果など、女性に嬉しい美肌効果がたくさん含まれています。そこで、コーヒーから美肌効果をしっかり得るためのおすすめの飲み方や注意点をわかりやすくご紹介したいと思います。

美肌になるコーヒーの飲み方

●1日2~3杯がおすすめ!5杯以上は飲み過ぎ

美肌に効果が期待できるコーヒーですが、飲み過ぎには注意が必要です。コーヒーを飲みすぎると覚醒作用で夜眠れずに肌のトラブルを招くなど、逆効果になりかねません。コーヒーに含まれるカフェインにも副作用があるので、一日2~3杯のコーヒーがおすすめです。

●浅煎りコーヒーを飲もう

コーヒーから美肌効果もしっかり得るためには、浅煎りのコーヒーを選びましょう。美肌に効果的なクロロゲン酸は焙煎が進むにつれて減少していってしまうからです。そのためコーヒーを選ぶ時には、エスプレッソよりは、アメリカンを選んだほうが効果的です。

●砂糖やミルクの入れ過ぎに注意

コーヒーに砂糖やミルクを入れる方もいますが、美肌の観点からはおすすめできません。砂糖には肌のコラーゲンを変化させてしまう効果がありますし、いわゆるポーションミルクと言われるものには油脂が含まれていて、中には肌荒れにつながる“トランス脂肪酸”が使用されているものもあります。

●夜の飲み過ぎには注意!カフェインレスがおすすめ

コーヒーには、覚醒作用があるので、寝る前のコーヒー飲用には注意が必要です。ただし、寝る前に美肌成分を取り入れるのは理想的なので、おすすめはカフェインレスのコーヒーです。カフェインレスでもクロロゲン酸はしっかり含まれています。

美肌の味方ポリフェノール「クロロゲン酸」の効果

抗酸化作用で、美白効果が

ワインに含まれるポリフェノールに抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的であることは有名です。実は、コーヒーに含まれるクロロゲン酸もポリフェノールの一種で、その量はワインと同程度と言われています。クロロゲン酸にもワインに含まれるポリフェノールと同じように抗酸化作用があり、美白に効果が期待できます。

体内で活性酸素が増えると、肌を守るためにメラミン色素が生成されますが、これが肌の“シミ”の原因になります。クロロゲン酸は細胞が酸化するのを防いで活性酸素を除去してくれるので、メラミン色素の生成を抑えて肌をキレイにキープしてくれます。

特に営業の仕事などをしていて外にいる時間が長く、紫外線を浴びる機会の多い方は、コーヒーを習慣的に飲むことでシミ対策になります。

細胞の老化を防ぎ、肌を若返らせる

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、シミを抑えるだけでなく、肌の若返らせるアンチエイジング効果も期待できます。

肌細胞は年齢とともに錆びついてきて、肌は酸化するとコラーゲンも減少して、これがシワの原因になります。クロロゲン酸は肌トラブルの大本の原因となっている活性酸素を除去してくれるので、肌の酸化を抑えて、シワなど肌の老化を防ぐことができます。

またコーヒーに含まれるカフェインには、新陳代謝を促進させる効果も期待できます。身体の新陳代謝がスムーズにいけば、肌のターンオーバーも促進されるので、肌をきれいに保つことができます。

殺菌作用でニキビや肌荒れを防ぐ

クロロゲン酸には、殺菌作用もあります。そのためアクネ菌などが原因となってできるニキビや肌荒れといった症状の緩和にも効果が期待できます。

またニキビは毛穴に詰まった皮脂などが酸化して、アクネ菌などが繁殖しやすくなってできます。しかし、コーヒーを習慣的に飲めば、クロロゲン酸の抗酸化作用で皮脂の酸化を防いでニキビができにくい肌環境も目指せます。