脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーの二日酔い緩和効果

コーヒーが二日酔いの頭痛や不快感を回復する

アルコールを体内で分解する時に発生するアセトアルデヒドには、血管を拡張させてしまう作用があり、これが二日酔いの頭痛や不快感の原因と言われています。コーヒーに含まれるカフェインには、拡張した血管を収縮させる効果があるので、つらい二日酔いの症状を和らげることができます。

カフェインが二日酔いに効くメカニズム

二日酔いを引き起こす「アセトアルデヒド」と不快感の関係

二日酔いの代表的な症状として、頭がズキズキと痛む頭痛があります。

この二日酔いの頭痛の原因となっていると言われているのが「アセトアルデヒド」という化学物質です。アセトアルデヒドは、アルコールが体内に摂取されて肝臓の働きによって分解される時に発生します。

アセトアルデヒドには毒性があり、肝臓によって無害な酢酸に分解されますが、アルコールを大量に摂取すると肝臓の働きが追いつかずに体内にアセトアルデヒドが残ることで二日酔いが発生すると言われています。アセトアルデヒドには血管を拡張させる作用があり、脳で拡張した血管の周りの筋肉が刺激される事で二日酔い特有の頭痛が発生します。

特に日本人の多くはアセトアルデヒドを分解するための酵素の活性が弱いか欠けている人が多いため、少ないお酒の量でも「悪酔い」したり、次の日に二日酔いになったりしやすいと言われています。

アセトアルデヒドが拡張させた血管をカフェインが収縮

コーヒーに含まれるカフェインには、アセトアルデヒドが拡張させてしまった血管を収縮させる効果があります。

そのためお酒を飲みすぎてしまって辛い二日酔いには、コーヒーを飲むことで、アセトアルデヒドが原因と考えられている頭痛や不快感を和らげることができます。

飲みすぎた翌朝に、頭がズキズキと痛んだら、まずは一杯のコーヒーを飲んでみましょう。

コーヒーが肝機能を向上させるという研究報告も

コーヒーには、カフェインによる二日酔い対策以外にも、肝機能を向上させるという研究報告も上がっています。

ビールを毎日飲む人で、コーヒーも毎日3~4杯飲む週間のある人とない人では、コーヒーを飲む人のほうが、肝臓などで作られる酵素であるγ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)の数値が平均で10以上も低いということが分かりました。そのためコーヒーを飲む習慣を身につけることで、肝機能の改善も期待できる可能性があります。

※γ-GTPの数値は、50 IU/L以下が基準値とされていて、数字が低ければ低いほど肝機能の働きが優れているといえます。

γ-GTPの値は、脂肪肝とも大きな関係があることがわかっており、脂肪肝は放っておくと、肝硬変や肝がんへと進行していくことのある怖い症状です。

二日酔いに有効なコーヒーの飲み方

ミルクや砂糖を入れて飲む

二日酔いの症状には、アセトアルデヒドの影響による頭痛のほかに、アルコールで胃に負担がかかることで起こる吐き気や胸焼けがあります。ブラックコーヒーだと、さらに胃腸に負担をかけてしまうので、普段ブラックで飲まれている方もミルクを加えてコーヒーを飲みましょう。

また砂糖には、アルコールを分解する肝臓の働きを助ける効果があるので、一緒に摂取することで毒素分解を促進できます。

コーヒーの飲み過ぎに注意

二日酔いに効果のあるコーヒーですが、飲み過ぎは禁物です。カフェインには利尿作用があり、過剰に摂取してしまうと二日酔いで脱水症状を起こしかけている身体により負担をかけてしまいます。とりあえず、二日酔いのときには、ミルクとお砂糖を入れたコーヒーを一杯だけ飲んで、症状が落ち着くのを待ちましょう。