脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーの疲労回復効果

コーヒーの持つ成分で上手に疲労回復とリフレッシュ

コーヒーには、疲労回復効果を期待できる成分が含まれています。上手な使い方をすることでコーヒーのリフレッシュ効果を引き出し、疲れを感じたときの頼れる存在として活用しましょう。ただし、飲み方を間違えると逆に疲労を増やしてしまうこともあるため、正しい摂取量とタイミングを意識してみてください。

コーヒーの疲労回復効果について

カフェインは疲労回復に効果的!?

コーヒーの成分のうち、疲労回復効果が見込まれているのはカフェインです。眠気予防に役立つとして知られる成分ですが、それと同時に疲れた頭もリフレッシュ。カフェインの疲労回復の仕組みをチェックしてみましょう。

ドーパミンを増やしてやる気を起こす

コーヒーに含まれるカフェインには、神経伝達物質である「ドーパミン」を増加させる働きが期待されています。ドーパミンは脳に働きかけ、やる気を起こさせる神経伝達物質。脳内のドーパミンが増えると、集中力があがったり行動的になったりすると考えられています。

人は疲労するとモチベーションが下がってしまいますが、このときカフェインを摂取することでドーパミンが増加。やる気を起こすことができるでしょう。カフェイン摂取とドーパミンの増加の関係性は、イタリア大学の実験結果でも証明されています。

リボースと組み合わせることで効果を促進させる

カフェインによってドーパミンを増やす働きは、ほかの成分との組み合わせで相乗効果を発揮するとされています。

アメリカのバイオエネルギーライフサイエンス社の研究によると、糖の一種である「リボース」をカフェインと合わせることで、運動時間が向上したという結果が出ました。これによると、カフェインとリボースを一緒に摂取した場合では、カフェインのみの場合に比べ150%も運動時間が増加しています。つまり糖を組み合わせることで、疲労をより感じにくくなると言えるでしょう。

この結果から、疲労回復を期待するならコーヒーに砂糖を入れて飲むことで、より高い効果を期待できるとわかります。

コーヒーで疲労回復を行うコツ

コーヒーのカフェインには、やる気を起こさせるドーパミンの刺激によって、疲れを一時的に忘れさせるような働きがあるとされます。この効果は短期的な疲労回復には役立ちますが、慢性的にカフェインを摂取すると、逆にストレスを増加させる恐れがあるため注意が必要です。疲労回復にコーヒーを使う場合には、体に無理のないよう正しい飲み方で活用しましょう。

より効果的に摂取するには

コーヒーを疲労回復に役立てるためには、適切な方法と量を守ることが大切です。コーヒーはおいしく、ときにはリフレッシュ効果も与えてくれますが、飲み方によっては逆効果となってしまうこともあります。疲労回復効果を得るなら、正しい摂取方法を理解しておきましょう。

摂取量に気を付ける

カフェインにはたしかに疲労回復効果を見込めますが、たくさん摂れば良いというわけでもありません。コーヒーの飲みすぎはかえってストレスホルモンを増加させるなど、体に害を及ぼす恐れもあります。カフェインの適切な摂取量は1日あたり500ml、コーヒーに換算すると種類にもよりますが大体5杯です。この量を心に留めておきましょう。

効果は短期的

カフェインの疲労回復、リフレッシュ効果は短期的なものです。長期的にコーヒーを飲み続けると、上述のとおり疲労の原因となりかねません。毎日コーヒーを飲んでいるという方は、ときどきお休みの日を設けてみてはいかがでしょう。カフェインを体からなくすよう、必要のない日はコーヒーを飲まずに過ごしてみてください。

時間を決めて摂取する

中枢神経を刺激してやる気を起こす効果がある反面、刺激によって睡眠を邪魔する恐れもあります。コーヒーを飲む場合には、睡眠を邪魔しないよう時間を決めて摂取することが大切です。スムーズに眠るためにも、たとえば22時就寝の予定なら遅くとも14時以降のコーヒーの摂取は控えることをおすすめします。