脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーヒーのカフェイン・クロロゲン酸でアンチエイジング!

アンチエイジング成分が豊富に含まれているコーヒー

毎朝の習慣として飲んでいる人も多いコーヒーですが、じつは美容や健康に良い成分が含まれる優秀な飲み物。特にそのアンチエイジング効果は、高い注目を浴びています。ただし飲み方を誤ると、せっかくの成分も上手に摂れなくなるため注意しましょう。コーヒーの持つ健康への作用や、アンチエイジング成分について紹介します。

コーヒーがアンチエイジングに期待できるワケ

アンチエイジングに有効な成分

コーヒーには健康をサポートしてくれる成分が豊富に含まれています。よく聞くような成分でも、その有効性については知らない方も多いでしょう。なかでも、アンチエイジングが期待できる成分をふたつピックアップしました。

カフェイン

コーヒーに含まれる成分として、もっとも有名な「カフェイン」。眠気覚ましの効果でよく知られていますが、じつは新陳代謝を促進する効果もあると考えられています。カフェインを摂取すると、中枢神経が刺激され心拍数が上昇。これにより新陳代謝が上がるという仕組みです。

またカフェインには利尿作用もあり、老廃物の排出を促すことでデトックス作用につながります。これらの働きは体のめぐりを良くし、機能を活性化させることでアンチエイジング効果が期待できるでしょう。

クロロゲン酸

コーヒーには「クロロゲン酸」という成分が含まれています。コーヒーに特徴的な焦げ茶色や苦味のもととされる成分です。

このクロロゲン酸はポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っています。体内の活性酸素を除去して、細胞の酸化予防に役立つでしょう。このことから肌のメラニン色素の増加を防いだり、肌の弾力を保つためのコラーゲンの劣化を防いだりといったアンチエイジング効果が期待できます。1日あたり2杯のコーヒーを摂取するだけで、シミの予防を後押し。深煎りの豆よりも、朝煎りのコーヒーのほうがクロロゲン酸を豊富に含んでいます。

コーヒーでアンチエイジングを行うコツ

コーヒーでアンチエイジングを行うには、効果的な飲み方と量を知ることが大切になります。コーヒーに含まれている成分は美容に役立つ一方で、摂取しすぎると美容や健康を脅かす恐れもあるためです。正しいタイミングと量を心がけさえすれば、おいしいコーヒーを楽しみながらアンチエイジング効果を期待できるでしょう。

アンチエイジングに効果的な飲み方

アンチエイジングにも良いと聞くと、たくさん飲んだ方が良いと考えてしまいますよね。普段習慣としてコーヒーを飲む人ならなおさら。しかし、たくさん飲めば良いというわけではありません。飲み方によっては逆効果になりかねないため、正しい飲み方で効率良く成分を摂取しましょう。

少しずつ分けて飲む

ポリフェノールは体内に長く溜めておくことができず、およそ3~4時間で排出されると言われています。そのためコーヒーで摂取するなら、こまめに飲むことが大切です。朝の1杯を飲んだら次はランチのとき、その次はおやつタイムにといった具合に、取り入れやすいタイミングで飲むと良いでしょう。ただし睡眠に悪影響を与えないよう、夕方以降は控えるようにしてみてください。

砂糖とミルクはほどほどに

アンチエイジング効果をねらうのであれば、砂糖やミルクは控えめにすること。特にコーヒー用のミルクは脂質が多すぎるため、美容に悪影響を与えかねません。ミルクを入れないと胃への刺激が気になるという人は、食後に飲むか、もしくはコーヒーミルクではなく牛乳や豆乳を入れて飲むようにしましょう。甘みが欲しい場合も、砂糖ではなく腸の善玉菌のエサになるオリゴ糖を使ってみてください。