脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

アレルギーに良いコーヒーの成分と効果を紹介

コーヒーの知られざる効果でアレルギー改善

いろいろな健康効果があるとされているコーヒー。しかし、コーヒーが持つアレルギー抑制効果についてはあまり知られていません。コーヒーに含まれている成分の意外な働きを知り、アレルギー症状の改善に活かしてみましょう。ただし効果を期待したいときには、摂取方法にも注意が必要。適切な飲み方についてもまとめました。

コーヒーのアレルギー抑制効果について

カフェインはアレルギー抑制に効果的!?

コーヒーの代表的な成分であるカフェインは、目覚まし効果だけでなくアレルギー抑制の効果も期待できます。なぜカフェインが症状を抑えてくれるのか、どのようなアレルギーに作用するのか、その働きをチェックしてみましょう。

カフェインの刺激がアレルギーを抑える

自律神経に刺激を与え、眠気覚ましに役立ちもするが、摂りすぎるとかえって眠れなくなってしまうなど、体に大きな影響を及ぼすカフェイン。こうした刺激を与える以外にも、カフェインは過敏になった免疫システムを抑制したり体内の炎症を抑えたりする働きを持ちます。これによりアレルギー反応を緩和し、改善へ導くと考えられているのです。

花粉症もアレルギーの一種。植物の花粉が粘膜から入り込むことで、くしゃみや鼻水などのつらい症状を引き起こします。このときコーヒーのカフェインを摂取することで、症状を抑えることも不可能ではありません。

皮膚炎やかゆみにもある程度の効果が

とある研究で、「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種をマウスに投与し、アレルギーの症状がどのように変化するかを調べました。クロロゲン酸とは、コーヒーに含まれているポリフェノールのひとつ。アレルギー症状の軽減効果が期待される成分です。

研究の結果、クロロゲン酸はアレルギーの鼻炎症状を抑えるだけでなく、皮膚炎にもある程度の抑制効果があると判明しました。ただしこの効果を得るには、継続的なクロロゲン酸の摂取が必要となります。それでもアレルギーのつらい症状を抱える人にとっては、期待が持てる結果でしょう。

コーヒーでアレルギーを緩和するには

コーヒーに代表される成分・カフェインは、アレルギーを緩和する働きを持っており、これは研究の結果からも明らかです。手に入りやすい身近な飲み物ですが、その成分を活かすためはいくつかの注意点を守ることも大切。砂糖などで甘くしすぎたコーヒーはかえって悪影響となりかねないほか、そもそもコーヒーにアレルギーを示す方もいます。症状改善のためには、適切な飲み方を守りましょう。

摂取する際の注意点とは

コーヒーによってアレルギー抑制効果が期待できることは確かですが、症状を軽減する目的で利用する場合にはいくつかの注意点があります。好きに飲んでいれば効くというわけでもないため、正しい飲み方を実践しましょう。

コーヒー豆自体にもアレルギーがある

眠気覚ましや脂肪燃焼作用など、さまざまな健康効果で知られるコーヒーも、ときに体調へ悪影響を与えることがあります。体質などの個人差にもよりますが、コーヒー豆自体にアレルギーを起こす人もいるのです。摂取によって喘息症状が出たり、アトピー性皮膚炎を悪化させたりする因子になることもあると言われています。

砂糖は控えよう

コーヒーを飲んでアレルギーを予防・抑制したい場合には、飲むときに余計なものを入れないことも大切です。砂糖はコーヒーを甘くおいしくしてくれて、甘党の人には必須のアイテム。

しかし、砂糖の摂りすぎは砂糖を好む微生物を腸内で増やし、腸内環境を悪化させてしまうことも。その結果免疫力を低下させる原因となりかねません。場合によってはアレルギーを悪化させる恐れがあるとされています。

コーヒーフレッシュにも注意

砂糖とともに気をつけたいのが、コーヒーフレッシュです。コーヒーにまろやかさを加えてくれる生クリームのような存在ですが、実際には人工的なもの。なかでもコーヒーフレッシュに含まれるトランス脂肪酸は、免疫力を低下させたりアレルギー症状を悪化させたりする可能性があります。そのためアレルギーが気になる人は摂取に注意が必要です。