脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

ペーパーレスドリッパー

ペーパーレスドリッパー

樹脂や金属など様々な種類のある
ペーパーレスドリッパー

ペーパーレスドリッパーは、茶こしのようにドリッパー自体に金属性や樹脂のメッシュがついています。ペーパーフィルターを別途用意する必要がないので手軽でエコなドリッパーです。ペーパーフィルターよりもきめが粗い分、コーヒー豆の味をダイレクトに楽しめますが、挽き方が細かすぎると、コーヒーの粉も落ちてしまうので注意が必要です。

Alba 松本 卓巳さん

このページの監修

日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ

Alba 松本 卓巳さん

ペーパーレスドリッパーの特徴

  • 特徴1

    金属または樹脂のメッシュ

    ドリッパーの側面部分がメッシュ状になっており、フィルターとドリッパーが一体となっています。メッシュがペーパーフィルターよりも粗めなので、コーヒー豆の油分も抽出することができ、なめらかな味わいになります。

  • 特徴2

    円錐型のフォルム

    ハリオ式やコーノ式のように、ペーパーレスドリッパーも円錐型が主流。360°均一なスピードでコーヒーの抽出が可能なので、抽出による味のムラを防ぐことができます。

  • 特徴3

    ぺーパーレスでエコなのも人気の理由

    ペーパーレスドリッパーは名前の通りペーパーフィルターを必要としません。手軽にコーヒーを淹れられて経済的なところも人気の理由のひとつです。

ペーパーレスドリッパーで淹れたコーヒーの味わいは?

ひとことで言うと・・・
コーヒー豆本来の個性がダイレクトに抽出

コーヒー豆の選び方が味の大きく影響

ペーパーレスドリッパーは、ペーパーフィルターでは取り除かれてしまうコーヒー豆の油分も抽出します。豆本来のポテンシャルをダイレクトに引き出すことができるので人気があります。裏を返せば、質の悪い豆を使ってしまうとえぐみや雑味もダイレクトに抽出されてしまうことに。また、メッシュの目がペーパーより粗いので、細挽き~中挽きでは豆の粉が落ちてしまいます。粗挽きの豆を使用することをおすすめします。少し手間ではありますが、豆を茶こしに入れて細かい粉を振り落してから使用するのもおすすめです。

ペーパーレスドリッパーの基本的な淹れ方

  • 1コーヒー豆の粉を入れて平らにする

    粗挽きの豆をドリッパーに入れたら、表面をならすためにドリッパーの側面をトントンと叩きます。1人前には13gの豆を使用。95℃程度の高めの温度がおすすめです。

  • 2しっかり蒸らす

    フィルターにセットしたコーヒー豆の中央に、お湯を少量注ぎ、10~50秒ほど蒸らします。

  • 3円を描くようにお湯を注ぐ

    500円玉ほどの広さでお湯を回し入れます。必要分の1/3ほどが抽出されたら、さらに外側に向って円を描くようにケトルを動かしてお湯を足します。

ポイント

サーバーに必要人数分のコーヒーが抽出されたら、最後にもう一度湯を注ぎます。ドリッパーに浮いた泡には雑味がありますので、泡が落ちないように抽出の途中でドリッパーを外します。