脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

コーノ式ドリッパー

コーノ式ドリッパー

誰でもプロの味が出せる、メイドインジャパンのコーノ式ドリッパー

世界で大注目を集めているメイドインジャパンのドリッパー「コーノ式ドリッパー」。サイフォンの製造を手掛ける東京のメーカー(珈琲サイフオン株式会社)が開発したドリッパーで、コーノ式と世界で呼ばれています。今回はそんな日本初のコーノ式の特徴や使い方を紹介したいと思います。

Alba 松本 卓巳さん

このページの監修

日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ
Alba 松本 卓巳さん

コーノ式ドリッパーの特徴

  • 特徴1

    大きな1つ穴の元祖・円すい型ドリッパー

    形状はハリオ式に似ていて、円すい型で底に大きな1つの穴が開いています。それでいて後述する独特のリブ(溝)のおかげで、勢いよくお湯を注いでもハリオ式ほど抽出速度が速くなりません。ゆっくりとコーヒーのおいしい成分をカップやサーバーに落とせるのですね。

  • 特徴2

    直線のリブがドリッパーの下段にしかない

    コーノ式のリブはドリッパーの内側全体ではなく、下1/3にしかありません。お湯を注いだときにドリッパーの内部でふくらむ泡には雑味があります。その雑味をカップに落とさないための工夫から考案されました。大きな1つ穴が開いていますが、ドリッパーの下1/3にしかリブがないため、抽出速度はゆっくりとなります。

  • 特徴3

    ペーパーフィルターは専用の円すい型をセット

    ハリオ式と一緒で、ドリッパーの底には大きな穴が1つ開いています。コーノは円すい型のドリッパーの元祖。メリタ式やカリタ式などにセットする台形のフィルターではなく、ハリオ式と同じ円すい型のフィルターをセットして抽出に使ってください。

コーノ式ドリッパーで淹れたコーヒーの味わいは?

ひとことで言うと・・・
雑味の一切ないフルーティーでまろやかな味わい

コーヒーの雑味は一切なし!後味もフレッシュなコーヒーを誰でも淹れられる

メリタ式、カリタ式、ハリオ式とどのドリッパーも上から下までリブがしっかりと入っていますが、コーノ式は底の近くの1/3にしかありません。豆とフィルターをセットしたドリッパーにお湯を注ぐと、ドリッパー内部の下層に滞留するコーヒー液しか、カップやサーバーに抽出されないようになっています。

ドリッパーにお湯を注いだときに出るブクブクの泡には、雑味が含まれています。リブが下1/3しか入っていないコーノ式は、そうした上層に浮かぶ雑味をカップやサーバーに落とさずに済むのですね。

結果として、雑味やえぐみのない、フルーティーなコーヒーに仕上がります。

コーノ式ドリッパーの基本的な淹れ方

  • 1円すい型のフィルターをセットする

    ハリオ式と同じく、円すい型のフィルターをセットしてください。ミシン目は折り曲げて、ドリッパーにセットします。

  • 2コーヒー豆の粉を入れて平らにする

    挽いた豆をドリッパーに入れたら、表面が平らになるようにドリッパーを揺らします。使う豆の量は1人前が12g。お湯の温度は92℃など標準的な温度にします。

  • 3蒸らしてからお湯を注ぐ

    フィルターにセットしたコーヒー豆の中央に、お湯を少量注ぎ、10~50秒ほど蒸らします。コーヒー液がぽたぽたと垂れて、カップやサーバーの底に薄くたまったら、2湯目を投じるサイン。500円玉ほどの広さでお湯を注ぎ、目標の1/3ほどが抽出されたら、さらに広く円を描くようにケトルを動かしてお湯を足します。

ポイント

希望する量のコーヒーが抽出できたら、最後にもう一度静かにお湯を注ぎ、ドリッパー内を満たしてください。泡が下がる前にドリッパーを外します。泡に含まれる雑味が、コーヒーに流れ落ちないようにするための工夫ですね。
お湯がもったいないかもしれませんが、雑味のないフルーティーでまろやかなコーヒーを楽しむためだと思い、割り切りたいです。