脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

カリタ式(3つ穴)ドリッパー

カリタ式ドリッパー

日本生まれのコーヒー機器メーカー「カリタ」の3つ穴ドリッパー

カリタ式ドリッパーとは、神奈川県横浜市神奈川区に本社を置くコーヒー機器メーカー「株式会社カリタ」の開発したドリッパーです。3つ穴のドリッパーが有名ですが、ステンレス製のドリッパーに専用のウェーブフィルターを使用するウェーブドリッパーなども開発しています。今回は、カリタ式の看板といえる3つ穴ドリッパーについて説明します。

Alba 松本 卓巳さん

このページの監修

日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ
Alba 松本 卓巳さん

カリタ式ドリッパーの特徴

  • 特徴1

    3つ穴のため抽出時間が短い

    カリタ式のドリッパーは底に3つの穴が開いています。お湯を注ぎ込むと、ドリッパーにお湯が停滞せず、一気にコーヒー液がカップやサーバーに流れ落ちる仕組みになっています。

  • 特徴2

    リブ(溝)がストレートでコーヒーが一気に流れ落ちる

    ドリッパーの内側にはリブと呼ばれる溝があります。ドリッパーとフィルターの間にすき間を作り、コーヒーの通り道を確保するための溝です。カリタ式のドリッパーの場合は、直線の溝が底に向かって何本も設けられています。お湯を注ぐとコーヒー液が底に向かって流れ落ちやすくなるように計算されています。

  • 特徴3

    ペーパーフィルターは台形型が基本

    カリタ式ドリッパーの底は、長方形になっています。セットするペーパーフィルターは、三角形の頂点を横にカットした台形タイプを使用します。

カリタ式ドリッパーで淹れたコーヒーの味わいは?

ひとことで言うと・・・
雑味のない酸味と後味のキレが特徴

カリタ式ドリッパーの素早い抽出スピードが酸味とキレを強調する

カリタ式ドリッパーは底に3つ穴が開いていて、側面には直線のリブが何本も設けられていると述べました。そのためカリタ式では注ぎ込んだお湯がカップやサーバーに一気に流れ落ちるようになっています。

お湯と豆が長時間接するほど、苦味とコクが強調されたコーヒーになります。逆に時間が短くなるほど、酸味とキレが強調された味になります。カリタ式は素早い抽出スピードになるため、酸味とキレが特徴のコーヒーが抽出されるのですね。

カリタ式ドリッパーの基本的な淹れ方

  • 1台形型のペーパーフィルターをセット

    カリタ式のドリッパーは底が長方形になっていると述べました。その形に合わせるために、ペーパーフィルターは台形を使用してください。セットの前に、側面と底面のミシン目を折り曲げます。

  • 2挽いたコーヒー豆を入れる

    セットしたフィルターに、コーヒー豆を入れます。目安は1杯10g。2杯なら20gですね。粉を淹れたら、表面が平らになるように何度かドリッパーを揺すってください。

  • 3蒸らしてからお湯を注ぐ

    お湯を豆に乗せるように軽く注いだら、10~50秒(豆が多いほど長時間蒸らす)待ちます。その上で、豆の中心に太めのお湯を注ぎ入れて、円を描くように外側へ向かいます。フィルターとの境まで来たら、円を描いて中心に戻ってください。

ポイント

お湯を注ぐ際には、太めのお湯を投じてください。太めといっても、やかんのお湯をドバドバ注ぐような感じはNG。コーヒー専用の細口ケトルのお湯を、やや勢いよく注ぎ込むイメージで抽出してください。

ドリッパーに注いだお湯が減ってきたら、再び中心から外、外から中心へと円を描きながらお湯を足してください。