脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

通販で買えるブレンドコーヒー3選

珈琲特急便オリジナルブレンド

バランスの良い味わいをいつでも2,160円(税込)

椿屋ドリップ珈琲セレクション~クラシックアソート~

あのお店の味をいつでも4,200円(税込)

ブルックス ラックらくCafe

気分に合わせて好きな味をいつでも9,750円(税込)

コーヒーの味の決め手となる要素とは?

自分好みのコーヒーを淹れる秘訣は、
5つのポイントを知ること

豆を選んで、挽き、淹れる。自宅でコーヒーを淹れるためには、いくつかの工程があります。それぞれの工程のやり方次第で、たとえ同じ銘柄の豆だったとしても、大きく表情が変わるのがハンドドリップコーヒーの醍醐味。
今回はコーヒーの味の決め手となる5つの要素・・・豆の種類、ローストの深さ、挽き具合、ドリッパーの種類、お湯の温度について、一通り紹介したいと思います。

  • その1

    豆の種類

    酸味重視か苦味重視か。豆選びでコーヒーの味は大きく変わる

    コーヒーは単純に言ってしまえば、コーヒー豆にお湯を注いで作る飲み物。当然ですがコーヒー豆の違いが、味に大きく影響します。ただ、コーヒー豆と言っても種類(銘柄)はいろいろ。苦味の強いマンデリンや、酸味が強いキリマンジャロ、バランス重視のブルーマウンテン、キレが魅力のコロンビアなど、種類(銘柄)の違いによって味は大きく変わります。おいしいコーヒーを飲むためには、まず自分の好きなコーヒーの味を知り、その味を持つ豆を選ぶ必要があります。

    続きを読む

  • その2

    ローストの深さ

    フレッシュな酸味の浅煎り、香ばしい苦味の深煎り

    コーヒー豆は焙煎をして初めて、特有の香ばしい苦味やさわやかな酸味が出てきます。浅く焙煎をすれば酸味の強いフレッシュな味に仕上がります。深く焙煎をすれば苦味が強く重厚な味わいに。
    これは、自分で煎る場合だけではなくコーヒー豆を選ぶときにも参考にしてみてください。自分がどのようなコーヒーを飲みたいのか、朝昼晩のどのタイミングでよく飲むのかなどを考えながら、焙煎の深さに注意してみてください。

    続きを読む

  • その3

    挽き具合

    豆の種類やローストの特色を強調!挽き方もコーヒーの味を左右する

    コーヒーはローストした豆を挽いて、お湯を注ぎ抽出します。この挽き具合でも、味が大きく変化するのですね。
    粗く挽いた豆にお湯を注ぐと、薄くあっさりとしたキレのある味わいになります。細かく挽いた豆にお湯を注ぐと、濃く苦味の強いコクのある味わいになります。豆の種類、焙煎の深さと組み合わせて挽き方を工夫すると、コーヒーの味わいはいよいよ深まっていきます。

    続きを読む

  • その4

    ドリッパーの種類

    あなたのドリッパーに穴はいくつ?ドリッパーで変わるコーヒーの世界

    豆の種類、ローストの深さ、挽き具合の他にも、ドリッパーの種類でコーヒーの味は大きく変わります。ドリッパーはカリタドリッパー、メリタドリッパーなどがメジャー。最近ではなめらかな味わいを出せるハリオドリッパーやコーノドリッパーがとても人気です。それぞれお湯の流れ落ちるスピードや、カップへの落ち方が異なるため、味や香りも大きく変化をつけることができます。

    続きを読む

  • その5

    お湯の温度・抽出時間

    92℃のお湯を基準に、温度の高さによって苦味・酸味を調節

    お湯の温度にも注意が必要です。バランス重視のコーヒーを抽出するためには92℃のお湯が最適だと言われていますが、あっさりしたコーヒーにしたいのか、濃厚な味わいのコーヒーにしたいのかによって、お湯の温度を調整する必要があります。また、お湯を注ぐスピードによってもコーヒーの味わいが変わってきます。豆の種類や焙煎、挽き方にこだわったあとは、ぜひ自分の手で淹れるこの作業にもこだわってみましょう。

    続きを読む

  • その6

    フィルターの種類

    フィルターの種類によってもコーヒーの味わいは左右される

    コーヒーを愛好する人は、抽出の方法や器具にこだわり、自分の味を求めて淹れ方の研究にも余念がありません。フィルターもコーヒーの味わいを左右するため、自分の好みのコーヒーが淹れられるフィルターをしっかりと選んでみましょう。いくつか代表的な種類があるので、それぞれの特徴を区別したうえで自分との相性を考えてみると良いかもしれません。また、毎回同じものを使うのではなく、その日の気分でフィルターを変える楽しみ方もおすすめです。

    続きを読む