脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

「マンデリン」が有名なスマトラ島

スマトラ島北部で生産されるマンデリンは、滑らかなコクと多様な香味が魅力

日本ではコーヒーと言えば「ブルーマウンテン」を思い浮かべる方が多いですが、ブルーマウンテンが有名になるまではこの「マンデリン」が世界一のコーヒーと呼ばれていました。

インドネシアは世界でも屈指のコーヒー産出量を誇りますが、そのほとんどはロブスタ種という安価なコーヒー豆。アラビカ種のマンデリンは抜群の知名度ですが、生産量は全体のわずか5%ほどと希少性の高いコーヒー豆です。スマトラ島の北部でマンデリン族という種族が栽培を行っていたことからこの名前が付きました。

マンデリンの特徴といえば豊かな香りとともに口に広がるコーヒーらしい苦味とコク。そして香りも特徴的で、マンデリンでも品種と農園によって大きく香りが異なる多様性が楽しめます。口当たり柔らかで飲みやすく、しっかりと主張する味わいのため、デザートとセットで飲まれたり、カフェオレなどミルクと合わせたりするのにもよく利用されます。

スマトラ島のコーヒーの特徴

品種それぞれで味わい・香りが異なる多様性を楽しむ

マンデリンは独特な香りと深いコク、苦味が特徴的なコーヒーですが、育つ品種によっても大きく味わいが変化します。カチモール種は一般的に重く濁った感があり、カチモールとアラビカ種が交配した品種の場合、その具合によっても味が大きく異なりますが、在来種系の多くはクリームのような口に広がる滑らかさと、後味をひくコクが特徴です。またカチモール種にはない酸味も味わいに加わります。こうした品種の違いによる味の変化から、マンデリンを栽培する農園によっても味が変化するのを楽しむことができます。

スマトラ島では精製の仕方も「スマトラ式」と呼ばれる独特の方法を採用しています。コーヒーチェリーの収穫後すぐに手動の果肉除去機を使ってパーチメントを脱穀した後、数時間の一次乾燥させた後、天日干しで二次乾燥を行います。雨の多い気候ゆえにこうした早く乾燥させる方法が定着したと考えられています。

マンデリンコーヒーの等級は?

マンデリンの等級は厳しく分けられ品質管理が徹底されています。等級の判断基準はコーヒー豆300gの中にどれくらいのマンデリンコーヒーの標準基準を満たしているものがあるかで決まります。G(グレード)1からG5までの5段階で、一番品質の高いG!だと、300g中欠点が11点までしか許されません。もともとがインドネシアでも全体の5%ほどしか生産されていないマンデリンなため高品質なマンデリンは希少性が高く、特に最高品質のG1の人気は非常に高いです。

マンデリンのおすすめの飲み方

上質なマンデリンを手に入れたら、焙煎具合にもこだわりたいです。おすすめの焙煎具合はマンデリンらしいコクと苦味がしっかりと味わえるシティロースト(中深煎り)か、しっかりとした苦味が強調されるフルシティロースト(中深煎り)がおすすめです。

マンデリンの奥深いコクを味わうのにおすすめはペーパードリップです。通常よりちょっと高めの90℃ぐらいで抽出してあげると、マンデリンらしい深く奥行きのあるコクが強調されたコーヒーに仕上がります。またミルクとの相性も抜群なので、美味しいカフェオレにして飲むのもおすすめです。