脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

「メキシコアルツーラ」が代表的なメキシコ

標高1700mの高地で収穫される最高級コーヒー豆「メキシコAL(アルツーラ)」

メキシコ産コーヒーで最高級とされるのは、メキシコALと呼ばれる、アルツーラ地域で生産されるコーヒーです。標高1700m以上の高地で栽培され、精製方法は水洗式を採用しています。ほのかな酸味と苦味が特徴なので、ブレンドのベースとしても有名。芳しい後味、そしてフルーティーさも感じられ、バランスの整った味わいです。ナッツやチョコレートを思わせる優しい風味も人気の理由。これらの特徴を引き出すためには、焙煎具合はフルシティローストがおすすめです。価格に関しても、比較的リーズナブルなのがメキシコALの魅力の一つで、日本にも安定して輸入されています。輸入されるメキシコALはグレードの高いものが多いので、日本でも質の良いメキシココーヒーを楽しめるでしょう。

メキシコのコーヒーの特徴

温帯気候の高原があるメキシコでは、オーガニックコーヒーが有名

じつはメキシコは、ブラジル、コロンビアに次いでコーヒーの生産量が多い、世界第3位のコーヒー生産国です。1795年当時、スペイン植民地だったメキシコで、スペイン人がコーヒーの樹を移植したのがきっかけとされています。主要産地はメキシコの南部地方、グアテマラ寄りの地域に集中しており、温帯に近くコーヒー栽培に適した気候です。朝夕の気温差も大きいため、身の引き締まった豆が採れます。メキシコ産コーヒーは、栽培された土地の標高で等級が決まり、決して味の品質が関係しているわけではありません。そして、メキシコといえばオーガニックコーヒーが有名。世界のオーガニックコーヒーの約6割は、メキシコで生産されています。

メキシココーヒーの品種・ブランド

メキシコでは、アラビカ種、ロブスタ種、ティピカ種の3つが主な品種です。ちなみに最高級であるメキシコALは、高地産ですが栽培地域は問いません。こちらでは、メキシコの味を代表するブランドをご紹介しましょう。

メルセデス

メルセデスといえば、一番有名で人気が高いメキシココーヒーです。「コーヒーの女王」とも称されるメルセデスは、オアハカ州プルマ地方にあるメルセデス農園で栽培されています。100%天日乾燥で仕上げられた豆は、手間ひまかけて作られているため生産量に限りが。しかもほとんどがドイツへ輸出され、日本にはなかなか入荷されません。スペイン語で「神の恵み」を意味するメルセデスには、生産者の愛情と品質にこだわった銘柄を作りたいという願いが込められています。

まろやかな酸味と芳醇な香りが引き立つ味わい

メルセデスには、ティピカ種の一種・プルマヒダルゴが使われています。粒の大きさがそろっており、欠点豆も少ないため、ほとんど雑味のないバランスの良い味わいです。特徴である酸味と甘み、そして芳醇な香りを楽しむには、シティローストが一番。苦味とコクを強く主張したい場合は、フルシティローストで味わうと良いかもしれません。さらに苦味を強くして、エスプレッソ向けに作りたいときはフレンチローストが向いています。

メキシココーヒーの等級は?

メキシコのコーヒーは、生産地の標高、高度が基準です。約1700m以上の標高で育ったものは、ストリクトリー ハイ グロウン(SHG)、もしくはエストリクタメンテ アルトゥーラと呼ばれます。約1000~1700mは、ハイ グロウン(HG)またはアルトゥーラ。約700~1000mは、プライム ウォッシュド(PW)またはプリマラバド。それ以下はグッド ウォッシュド(GW)またはブエンラバドと、細かく段階づけられ、少し複雑な等級区分となっています。

メキシココーヒーの産地

世界有数のコーヒー産地であるメキシコ。3大生産地のベラクルス州、オアハカ州、チアパス州のほか、ゲレロ州、プエブラ州、そしてイダルゴ州においてもアラビカ種を主に栽培しています。その中から、特に代表的な産地をご紹介しましょう。

コアテペック

ベラクルス州都ハラパ市から、およそ8kmのところにあるコアテペック。メキシコでは最古のコーヒー産地として名高い地域です。名前には「豊穣の大地」という意味が込められており、前コロンビア期から先住民・トトナカ族が住んでいたことから、国の遺産にも指定。1808年に、ベラクルス市中心でコアテペックコーヒーを提供するカフェが開店し、現在まで多くの人に愛されています。生産されるコーヒーは、世界でも最高級を誇り、高値で取引されるほど。ダークチョコレートのような風味と程よい苦味で、飽きない味わいが魅力の一つです。

オアハカ

メキシコシティの南東にある州で、コーヒーの生産地に行くまでは、オアハカ市から2500m級の山脈を越えなければなりません。太平洋に面した険しい山々でコーヒーは栽培されているため、環境条件から労働効率も悪く、生産量には限りがあります。主に生産されている品種は、この地区特有のプルマヒダルゴという品種です。

タパチュラ

チアパス州タパチュラは、メキシコ最南端の町。グアテマラ国境付近の山岳地にある、世界有数のコーヒー産地です。コーヒーの樹を守るシェードツリーを植えて、丁寧に栽培されています。香ばしいナッツのような風味と、キャラメルを思わせる甘さが特徴です。

メキシココーヒーのおすすめの飲み方

メキシココーヒーの特徴を引き出すためには、味がはっきりとわかるような飲み方がおすすめです。現地ならではの飲み方も本来の味を楽しめるので、ぜひお試しください。

ストレート

酸味の強くないメキシココーヒーは、ストレートでも十分おいしく飲むことができます。まずはそのままの味を楽しんでみてください。

カフェ・オ・デジャ

メキシココーヒーを楽しむなら、メキシコ伝統の飲み方が一番。コーヒーの粉、シナモン、そして黒砂糖を混ぜて、専用のポットで煮出します。

カフェ・コン・レチェ

コン・レチェは、メキシコ流のカフェオレです。スペインの「コン・レーチェ」が由来で、コーヒーと牛乳を半々の割合で注ぐのがポイント。

メキシココーヒーを購入できる通販ショップ

通販でメキシココーヒーを購入できるお店をご紹介します。品質管理にこだわったお店の、フレーバー豊かなメキシココーヒーをお楽しみください。

ヒロコーヒー

ヒロコーヒーの特徴

製造から販売までを自社工房で一貫して行うヒロコーヒーは、創業41年と歴史が長く、安心して購入できるお店です。スペシャリティコーヒーやプレミアムコーヒーの生豆を積極的に買い付けて販売。焙煎後9日以上が経過した豆は販売しないなど、徹底した品質管理が魅力の一つです。コーヒー農園周辺の環境保護を手伝ったり、そこで働く人々の就労条件を改善するよう努めたりするなど、さまざまな活動を行っています。

オーガニックメキシコ

香ばしいナッツの風味が豊かで、優しいキャラメルのような甘さが感じられるコーヒー。ネルドリップやペーパードリップで抽出して飲むのが、おいしく楽しめるポイントです。

  • 100g 518円(税込)

このページを見た人はこちらもご覧になっています

コーヒー生産量が世界で第3位のメキシコのコーヒーについて解説しました。最高級品種アルツーラは、メキシコの代表となるコーヒーと言うことで一度は飲んでみたい銘柄。質の良いアルツーラが日本でも手に入りやすいので、ぜひ試してみてくださいね。

メキシコでは南部にコーヒー農園が集中していますが、中でも有名なのが「メルセデス農園」。農園の名がコーヒー豆に付けられることも多く、メキシコでメルセデスと聞けば知らない人はいないと言われるほど。「コーヒーの女王」とも称されているほど、人気の高さがわかりますが、日本にはなかなか入荷されません。

また世界のオーガニックコーヒーの6割がメキシコ産であることも覚えておきましょう。安全で安心なコーヒーが飲みたいなら、メキシコのオーガニックコーヒーです。メキシココーヒーの特徴は、バランスの良さがいちばんではないでしょうか。ブラジルやコロンビアのようにブレンドにもよく使用されるのも納得できますね。

バランスの良いブラジルコーヒー

バランスの良いコーヒーと言えば、ブラジルコーヒーも代表的です。コーヒー豆の生産量は世界1位。スーパーなどで販売しているブレンドコーヒーは、ブラジルの豆をベースにしている商品が多くあります。味にクセがなく、ブレンドしたときに他の豆の特徴を引き出しやすいことがその理由でしょう。

ブラジルの豆は全体的に酸味が少なく、濃厚なコクが特徴と言われています。チョコレートのような香りと、ほどよい苦みが口の中に広がります。有名な銘柄は、ブラジルサントス、ブラジルブルボン、ムンドノーボなど。それぞれの味の特徴や、美味しい飲み方などを紹介しているので、ブラジルコーヒーもチェックしてみてください。

ブラジルコーヒーを見てみる

ブレンドコーヒーで好みのバランスを探そう

ストレートコーヒーは、コーヒー豆の個性をそのまま味わえる楽しみがありますが、個性が強い豆では好みが分かれてしまいます。豆の個性を活かしつつ、万人に好まれるコーヒーを可能とするのがブレンドコーヒーです。しかし、全てのブレンドコーヒーが同じ味や香りに仕上がるわけではありません。

甘いコーヒーを好む人、苦みと深いコクを求める人、フルーティーな香りを楽しみたい人、コーヒーの好みは人それぞれです。コーヒーマイスターは、さまざまな豆からブレンドコーヒーのテーマに合うように種類や配合を吟味します。香りを重視したブレンドや、酸味の少ないブレンドなど、自分の好みのブレンドコーヒーを探すのも、ひとつの楽しみ方ではないでしょうか。

ブレンドコーヒーをもっと詳しく