脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

「ブルーマウンテン」コーヒーのジャマイカ

全ての長所を兼ね備える
コーヒーの王様「ブルーマウンテン」

ジャマイカジャマイカのブルーマウンテンという山地の中でも限られたエリアで、限られた農園にしか栽培・加工が許されていないコーヒーの王様が、「ブルーマウンテン」になります。日本では通称ブルマンと呼ばれ、全ての長所を兼ね備えた最高級のコーヒー豆の王様として重宝されています。

そもそもこのジャマイカにコーヒーが入ってきた時期は、18世紀初頭。幾つかの島を経由して、最後はハイチ経由でジャマイカにコーヒーがもたらされます。1950年代になると、ジャマイカのコーヒー豆の品質を維持、向上するための組織が結成され、それ以降、ジャマイカ産のコーヒー豆のブランド化に取り組み始めました。その意味で、世界で初めてブランド化に成功したコーヒー豆が「ブルーマウンテン」なのですね。

「ブルーマウンテン」はアラビカ種の中でも、95%がティピカ種。バランスのとれた香味とコク、柔らかい舌ざわり、甘みのある後味など、コーヒーの長所を全て兼ね備えている豆と言われています。まさにコーヒーの王様ですね。

ちなみに「ブルーマウンテン」という名前は、マウンテンとあるように山の名前から。その高山地帯に、産地が広がっています。

ブルーマウンテンのコーヒーの特徴

柔らかな舌触りはベルベット、抜群のバランス力も魅力

ブルーマウンテン適度な酸味とコク、さらには上品で甘い香りと、柔らかな舌触り、甘みのある後味のバランスが絶妙で、「コーヒー豆が持つ良さが全て備わっている」と飲む人に思わせるほどの味わいがあります。「ブルーマウンテン」を飲む際には、そうしたバランスの良さを壊さずに満喫できるような味わい方を心掛けたいです。

もちろん「ブルーマウンテン」も万能ではなく、中米特有の酸味はそれほど多くはありません。豆が柔らかいため、深い焙煎に耐えられず、重たいコクも期待できないのです。どちらかといえば、バランスに優れた上品な香味と心地よい後味の軽さを楽しむコーヒーだといえます。

世界で初めて、ブランドとして成功したコーヒー豆でもあり、日本を含め世界中に「ブルマン」を楽しむファンが存在しています。

ブルーマウンテンコーヒーの品種・ブランド

「ブルーマウンテン」は、主に大きさと欠点豆の多さ、さらには見た目などで等級分けをされます。等級はNo.1~No.3まであり、豆が大きいほどNo.1へ近づき、小さいほどNo.日本で最も愛され、売れている高級コーヒーの一つがブルーマウンテン。その希少性から非常に高価なブランドです。ブルーマウンテンはティピカ種のコーヒー豆から作られます。アラビカ種の原種と呼ばれ、傑出した甘さを持つ品種です。ジャマイカではブルーマウンテンのブランドを守るためにブルーマウンテンを名乗れる産地と基準値を厳しく規定。専門機関のチェックにより選別され、ブルーマウンテン地区で生産される豆以外は「ハイマウンテン」などと呼ばれます。

ブルーマウンテンコーヒーの等級は?

「ブルーマウンテン」は、主に大きさと欠点豆の多さ、さらには見た目などで等級分けをされます。等級はNo.1~No.3まであり、豆が大きいほどNo.1へ近づき、小さいほどNo.3に近づきます。欠点豆に関しては、豆の大きさに関係なく、3%を上限に基準が設けられています。万が一、欠点豆の割合が4%以上になった場合は、ブルーマウンテンの産地名が印字された樽での出荷が許されず、麻袋での出荷となってしまいます。

つまり、樽入りのNo.1の「ブルーマウンテン」が、最も高級だという評価になります。この厳しい基準が、ブルーマウンテンのブランド性と品質を担保しています。

格付け方法

世界各国のコーヒーは、国の基準によって格付けされ、グレードが決まります。しかしジャマイカのブルーマウンテンは、それだけ特別な格付け方法が設定されているのです。ジャマイカでは、コーヒー豆の産地によって格付け方法が決まりますが、ブルーマウンテンのみ産地とスクリーンサイズによってグレードが分類されています。また、欠点豆の数でもグレードに違いが出る格付け方法です。

まず、ブルーマウンテンは、ブルーマウンテン山域で生産されたコーヒー豆のことを指します。スクリーンサイズ16以上で、さらに豆の大きさに関係なく、3%を上限とした欠点豆の基準を満たすことが必要です。

厳しい品質基準

分類されたブルーマウンテンは、ブルーマウンテンの産地名が印字された樽で出荷されます。小さなピーベリーはそれだけを集めた製品となり、No.1~ピーベリーまでが樽出荷です。豆の大きさに関係なく欠点豆が多いものは、麻袋での出荷となります。

ブルーマウンテンは、樽入りでNo.1のグレードを持つものが最も高級ということです。厳しい基準によって、ブランド性と品質は守られています。

「ブルーマウンテン」コーヒーのおすすめの飲み方

「ブルーマウンテン」はそのバランスを生かして飲みたいです。焙煎はミディアムロースト、挽き方は細挽きから中粗挽き、お湯の温度は92℃、お湯はやや細めで注ぎ入れます。ドリッパーは円すい型のハリオドリッパーなどを使い、少量のお湯を豆全体にかけて、蒸らしてから抽出します。 せっかくの「ブルーマウンテン」ですから、ミルクや砂糖を入れずに、まずはその味わいと香味をそのまま味わってみるといいかもしれませんね。

「ブルーマウンテン」の産地発展には日本の貢献もある

「ブルーマウンテン」は、ジャマイカの法律によって明確に定められたエリアと精製工場でのみ、栽培や加工が認められていると述べました。しかし、1988年に来襲した大型の台風によって、その産地は壊滅的な被害を受けた歴史があります。その復興の一部に、日本からの支援も貢献したのだとか。

コーヒー豆の王様と呼ばれる「ブルーマウンテン」の生産地を日本がかつて支援したと思うと、ちょっと誇らしい気持ちになりますよね。

ブルーマウンテンコーヒーを取り扱っている通販ショップ

ブルーマウンテンは、日本でも人気の高いコーヒーなので、多くのコーヒー販売店が取り扱っています。通販ショップでもブルーマウンテンを購入して楽しめる店が数多くあります。

カルディコーヒーファーム

お店の特徴

カルディコーヒーファームは、「コーヒーと輸入食品のワンダーショップ」。こだわりのオリジナルコーヒー豆30種類を筆頭に、世界中のユニークなお菓子やワイン、チーズ、スパイスなどを取り扱っているお店です。見ているだけでも楽しいお店ですが、そんなカルディコーヒーの商品をお店に行かずに買えるのが「オンラインショップ本店」です。ネット会員登録でポイントをためたり特別企画を利用したりといった、お得な使い方もできます。

おすすめ商品①

【焙煎珈琲】ブルーマウンテン  No.1/200g

「【焙煎珈琲】ブルーマウンテン  No.1/200g」は、ジャマイカ産のブルーマウンテンの最高級品、No.1を焙煎したコーヒーです。中煎りローストのコーヒー豆で、ブルーマウンテンの持つ酸味と苦みの絶妙なバランスが楽しめます。挽き方はプレス用の粗挽きからエスプレッソ用の極細挽きまで、お好みで選ぶことができ、豆のままでの購入も可能です。高価な豆ですが、カルディコーヒーのポイントがたまるのでお得感もあります。

  • 価格:3,758円(税込)
  • 容量:200g

おすすめ商品②

ブルーマウンテンブレンド/200g

おいしいブルーマウンテンの味わいを試してみたいけど、ストレートコーヒーでなくても満足、という人には、ブルーマウンテンブレンドもおすすめです。ブルーマウンテンの品格を損なわず、おいしいブレンドコーヒーになっています。中煎りローストで、ジャマイカ産ブルーマウンテンをはじめ、コロンビアやブラジルの豆がブレンドされたコーヒーです。価格もリーズナブルで気軽に購入できます。

  • 価格:999円(税込)
  • 容量:200g

カルディコーヒーファームを詳しくチェック

KEY COFFEE通販倶楽部

お店の特徴

KEY COFFEE通販倶楽部は、キーコーヒーの手掛ける高品質なレギュラーコーヒーをオンライン通販で購入できるショッピングサイトです。事前に会員登録が必要ですが、ユーザーIDを登録することで毎回の購入が手軽になり、お買い物が気軽にできるようになります。コーヒー総合専門店として、コーヒー以外にもフード類やドリンク類など幅広いラインナップがそろっており、お得なセールなども豊富です。

おすすめ商品①

ブルーマウンテン No.1

最高グレードのブルーマウンテンであるNo.1のコーヒー豆です。中煎りローストのストレートコーヒーで、優雅な香りと上品な口当たりが期待できます。コーヒー豆の王様として、栽培される指定エリアの土壌や雨量、頻繁に発生する深い霧など、豊かな自然環境で育まれたブルーマウンテンのおいしさを実感できそうです。酸味と苦みのバランスが良く、マイルドなコクが感じられます。

  • 価格:7,074円(税込)
  • 容量:200g

おすすめ商品②

ハイマウンテン

ハイマウンテンは、ブルーマウンテンの産地とは違いますが、同じくジャマイカ産の高地で育てられたコーヒー豆です。ブルーマウンテン指定エリア外ではあるものの、こだわりのコーヒーとして上質な味わいが期待できます。厳しい管理のためにブルーマウンテンとは区別されていますが、それによく似た環境で育つことによって兄弟的な銘柄となり、高い評価のある豆です。価格を抑えながらもブルーマウンテンに似たおいしさが味わえます。

  • 価格:4,860円(税込)
  • 容量:200g

KEY COFFEE通販倶楽部を詳しくチェック

ブルックスグループ

お店の特徴

ブルックスは、コーヒーをはじめ紅茶や日本茶などの各種ドリンク類やコーヒー関連グッズ、消耗品などの取り扱いのある大手販売店です。コーヒー通販ブルックスコーヒーマーケットでは、そんなブルックス商品がオンラインで購入できます。お得なセットなども豊富にそろっており、インスタントコーヒーやスティックタイプの「かんたフェ」など、コーヒー通に限らず気軽に利用できる商品が見つかるお店です。

おすすめ商品①

豆 ブルーマウンテンブレンド

「豆 ブルーマウンテンブレンド」は、ブルーマウンテンの香味豊かなブレンドとして、気軽に高級コーヒーブルーマウンテンが楽しめるコーヒー豆です。ブレンドコーヒーですが、ブルーマウンテンをはじめとした世界的に有名な高級ブランドのコーヒー豆をブレンドしています。生産国はジャマイカやブラジルなど、選りすぐりのコーヒーを使った、コーヒー通にも満足できるハイグレードなブレンドです。

  • 価格:1,080円(税込)/5,400円(税込)
  • 容量:100g/500g

おすすめ商品②

ドリップバッグ ブルーマウンテンNo.1【30袋】化粧箱入り

「ドリップバッグ ブルーマウンテンNo.1【30袋】化粧箱入り」は、ブルーマウンテンNo.1のストレートコーヒーが楽しめるドリップタイプのセット商品です。ドリップバッグなので、誰でも専用の器具を使わずに気軽に高級コーヒーを楽しむことができます。たっぷり30袋入りで、高級感のある化粧箱入りなので贈答品にもぴったりです。セットには優雅なひとときを演出する金箔がついています。

  • 価格:9,720円(税込)
  • 容量:10g×30袋

おすすめ商品③

プレミアムロースト3種セット

プレミアムロースト3種セットは、ワンランク上の味わいのプレミアムローストコーヒーを3種類詰め合わせたセットです。ブルーマウンテンNo.1とバリオリエンタルブレンド、ハワイコナコーヒーがそれぞれ10袋ずつ入っています。ブルーマウンテンとともに希少価値の高いハワイコナコーヒーや上品な口当たりのバリ豆のブレンドも一緒に楽しめる豪華なセット内容です。金箔がついており化粧箱入りなので、気の利いた贈り物としても合いそうです。

  • 価格:8,100円(税込)(特価販売中)
  • 容量:10g×30袋

KEY ブルックスグループをもっと詳しくチェック

珈琲問屋

お店の特徴

珈琲問屋は、ネット最大級のコーヒー通販サイトです。世界の産地から選りすぐりの100種類以上のコーヒー豆を販売。8段階の選べるロースト、17段階のグラインドなど、自分好みのコーヒーを作れる、見つけられる点を特徴としています。また、一方ではコーヒーを気軽に楽しめるようにコスト軽減や適正価格の販売を目指している良心的なコーヒー販売店です。代表的な銘柄をピックアップして毎月1種類の豆をお試し価格で利用できるなど、ユニークなサービスもあります。

おすすめ商品①

限定品 グリニッチマウンテンエステート ブルーマウンテンNo.1 S17/18

「限定品 グリニッチマウンテンエステート ブルーマウンテンNo.1 S17/18」は、スクリーンサイズ17~18という最高級のコーヒー豆です。さらに単一農園生産の豆のみを使用。コーヒー豆を栽培するのに適した自然条件を持つブルーマウンテン地区にあって、さらに優良な条件を備えているグリニッチマウンテン農園で、丹精込めて作られました。コーヒー豆は焙煎度合いや挽き方が好みに合わせて選べます。数量限定です。

  • 価格:2,000円(税込)
  • 容量:100g

おすすめ商品②

珈琲問屋 缶入りコーヒーギフト CD-37 (3缶)

珈琲問屋の人気コーヒーギフト。ブルマンNo.1ブレンド(生豆時200g)・コロンビアスプレモ(生豆時200g)・モカブレンド(生豆時200g)が1缶ずつセットになった商品です。美しい缶に入ったコーヒー豆は、それぞれに煎りたて、挽きたてで発送します。好みに合わせて豆のままかペーパー用に挽くか、豆の状態も選べます。煎り方は苦みのバランスの良いミディアムローストです。高級さが感じられる缶は贈り物にも使えて、保存ケースにもぴったりです。

  • 価格:3,722円(税込)
  • 容量:600g(200g×3)

おすすめ商品③

ブルーマウンテンNo.1

ジャマイカコーヒーの最高峰であるブルーマウンテンのさらに最上級品である樽詰めのNo.1のコーヒー豆です。なめらかな舌触りを持ち、苦みと酸味、甘みとコクのバランスの取れた上品な味わいを楽しめます。ミディアムローストがおすすめですが、好みに合わせて生豆の状態やライト、シナモンローストからイタリアンローストまで焙煎度合いを選ぶことが可能です。また、挽き方も極細挽きから極粗まで選んで、好みの味わいを楽しめます。

  • 価格:1,807円(税込)
  • 容量:100g(生豆時)

珈琲問屋をもっと詳しくチェック

このページを見た人はこちらもご覧になっています

ジャマイカのコーヒーといえば「ブルーマウンテン」。栽培と加工が限られた農園のみで行われるコーヒーの王様「ブルーマウンテン」は、世界で初めてブランド化に成功したコーヒー豆です。日本はもちろん、世界中に流通しています。

そのブランド性や品質を保つために、生産地、豆の大きさ、欠点豆の割合など、他の国とは違った、厳しい基準を通ったものだけが出荷されます。酸味とコク、後味のバランスが素晴らしく、高い人気を誇っています。一方で、豆が柔らかいので重いコクや強い酸味は出せません。バランスの良さと舌ざわり、そして上品な甘い香りを堪能できる飲み方がおすすめ。ミディアムローストで、細挽きから中粗挽きにして細めのお湯でドリップし、ブラックで味わってみてください。

コスタリカ

しっかりと手間を掛けて栽培された高品質のコーヒー。豊かな苦みと香り、少しの酸味とすっきりした後味が魅力です。

続きを読む

キューバ

希少な高級豆「クリスタルマウンテン」や、キューバコーヒーのルーツとされる「シエラ・マエストラ」が有名です。

続きを読む

メキシコ

オーガニックコーヒーの生産量が多いメキシコ。日本にも多く流通していて、味のバランスが整ったコーヒーが楽しめます。

続きを読む

ベネズエラ

独特の味わいがあり、ミルクとの相性が良いベネズエラコーヒー。生産量が減っていて、ベネズエラ国内や欧米でほとんどが消費されています。

続きを読む

スマトラ

苦みに特徴があり、日本では以前より馴染みの深い「マンデリン」。品種によって酸味の具合の違いも楽しむことができます。

続きを読む

イエメン

コーヒーにおいて、長い歴史を誇るイエメン。フルーティな酸味と香りの芳醇さが優れた「モカ・マタリ」などの高級豆も人気があります。

続きを読む

エチオピア

コーヒーが生まれた国、エチオピア。「モカ」は、日本でも有名です。強い酸味と果実味のある香り、そして軽い苦みが特徴です。

続きを読む

ケニア

高い品質と整った流通体制を持ち、評価の高いケニアのコーヒー。香りの高さに特徴があり、特にヨーロッパで人気があります。

続きを読む

タンザニア

国のほとんどを占める広大な高地で栽培されるコーヒー。質の高い酸味と、甘酸っぱい香りが特徴の「キリマンジャロ」は日本でも有名です。

続きを読む

ブラジル

「サントス」を筆頭に、いろいろな品種が栽培されています。地域ごとに風味は異なりますが、共通してクセのないフレーバーが特徴的です。

続きを読む

グアテマラ

スペシャリティコーヒーのマーケットを牽引する、品質の高さが魅力。強い酸味とコクのバランスが、素晴らしい味わいをもたらします。

続きを読む

ジャマイカ

際立ったバランスで、日本でも人気の高い「ブルーマウンテン」。世界で初めてブランド化され、世界中に流通しています。

続きを読む

ハワイ

日本でも評価の高いブランド豆「コナコーヒー」。酸味や香味に優れていて、ブレンドベースとしてもストレートでも楽しむことができます。

続きを読む

コロンビア

キレのあるすっきりとした味わいが楽しめるコロンビアのコーヒー。コロンビアは生産量が多く、世界においてもコーヒー生産の主要国です。

続きを読む

インドネシア

高級なコーヒーとして知られる「コピ・ルアク」。一般的なコーヒーとは味わいが異なり、深いコクのある飲みやすいコーヒーです。

続きを読む

パナマ

「ゲイシャフレーバー」という言葉をも生み出した、素晴らしいアロマが特徴。後味も華やかで「世界最高峰」の呼び声が高いコーヒーです。

続きを読む