脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

通販で買えるブレンドコーヒー3選

珈琲特急便オリジナルブレンド

バランスの良い味わいをいつでも2,160円(税込)

椿屋ドリップ珈琲セレクション~クラシックアソート~

あのお店の味をいつでも4,200円(税込)

ブルックス ラックらくCafe

気分に合わせて好きな味をいつでも9,750円(税込)

非公開: 産地や港の名前で呼ばれるコーヒー豆たち

品種ではなく、産地の名前で流通するコーヒー豆

コーヒー豆は他の作物と違って、品種で分類・評価される機会があまり多くありません。世界の主要な産地は、ほとんどが大まかに言ってアラビカ種という同じ品種でコーヒー豆を作っています。よって、モカやブルーマウンテン、エチオピアなど銘柄の違いによって、豆の個性を見極めるケースがほとんど。そこで今回は主なコーヒーの生産国や銘柄について紹介したいと思います。

「モカ」は、苺で例えるなら「栃木県産」くらいの意味

苺の銘柄についての図解コーヒー豆の銘柄についての図解

産地や出荷港の名前で呼ばれている農作物というと、なかなかなじみがないのでピンとこない人も多いかも知れません。

日本のイチゴを例に考えてみると、栃木県産の“とちおとめ”という品種は、「とちおとめ」として市場に流通します。「栃木県」という産地名ではなく、品種名が商品に前面に出されています。日本のイチゴはさまざまな品種が栽培されており、その品種の違いが味わいに大きな影響を与えるからですね。

しかしコーヒーは違います。タンザニアのキリマンジャロ山で栽培されたアラビカ種のコーヒー豆と、イエメンのモカ港から出荷されるアラビカ種のコーヒー豆は、同じアラビカ種でも全く違う個性を持っています。ですので、その豆を表すには「アラビカ」ではなく「キリマンジャロ」と呼ぶことにしているのです。

流通しているコーヒー豆の約7割がアラビカ種で、どこの産地でもアラビカ種を育てていることが多いのも事実です。

コーヒーベルトとは?

コーヒーベルトとは、豆の栽培が可能な赤道付近の地域を呼ぶ言葉

コーヒーはもともと熱帯地方に自生していた常緑樹になります。寒い地域では果実を実らせないため、赤道の南北を含んだコーヒーベルトと呼ばれる暖かい地域でしか栽培・収穫ができません。

地球儀を見れば分かりますが、赤道が大陸の上を通過するエリアと言えば、中南米、東南アジア、アフリカ中部になります。こうした地域は、コーヒーの主な産地になっています。

map

  • エチオピア

    代表銘柄
    モカ

    5人に1人がコーヒー作りに従事するコーヒーの母国

    エチオピアの山中に自生するコーヒーの実を食べていたヤギを、人間が発見するところからコーヒーの歴史が始まります。コーヒーはそのエチオピアで食用がスタートし、対岸の国イエメンのモカ港に集められ世界へと発信されていきました。世界のコーヒー文化はモカ港から始まったと言っても過言ではありません。エチオピア産のコーヒー豆はイエメン産のコーヒーと共に、その港の名前にちなんで「モカ」と呼ばれています。

    続きを読む

  • ケニア

    代表銘柄
    ケニアAA

    品質の高さが売り!ヨーロッパでも人気のケニア

    アフリカ大陸の中央に位置するケニア。その歴史は19世紀末に、キリスト教の宣教師たちが種を持ち込んだところからスタートします。品質の高さが世界的に有名で、特にヨーロッパにおいてケニアの豆は大変な人気を博しています。そんなケニアで栽培されるコーヒー豆を、銘柄として「ケニア」と呼んでいます。末尾のAAは品質の高さを表す「等級記号」です。AAは最高ランクを示しています。

    続きを読む

  • タンザニア

    代表銘柄
    キリマンジャロ

    キリマンジャロ山で栽培されるコーヒー豆は、日本でもひときわ有名な銘柄

    東アフリカのタンザニアにあるキリマンジャロ山。その山や行政地区で栽培される豆に、キリマンジャロという銘柄が冠せられ、世界に出荷されます。同じく山の名前が銘柄になっているジャマイカのブルーマウンテンと並び、日本でもとても有名な銘柄になっています。酸味と苦味がバランスよく、甘い香りが特徴の銘柄です。雑味が少なく、万人にとって飲みやすいコーヒーだといえます。

    続きを読む

  • ブラジル

    代表銘柄
    ブラジルサントスNo.2

    コーヒーの生産量が世界ナンバーワン!ブラジルのサントス港から出港されるコーヒー豆

    世界最大のコーヒー豆の産地にして、町には多くのコーヒーショップがあるほど、コーヒー消費国でもあるブラジル。日本の輸入量もブラジルが最多で、同国に多くを頼っています。生産量も豊富で安定しているため、ブレンドコーヒーのベースにも重宝されています。そんなコーヒー大国の中でも、サントス港から出荷される豆を「サントス」と呼び、特に最高品質のものにNo.2という等級が与えられます。

    続きを読む

  • グアテマラ

    代表銘柄
    グアテマラ

    ブレンドのベースにも好まれる高地栽培のコーヒー豆

    中南米のグアテマラで、標高の高い山の斜面で栽培されるコーヒー豆です。特に標高が1,370m以上と高地で栽培されたグアテマラ産の「グアテマラ」は高級豆として扱われる傾向に。果実のような酸味と苦味の調和のとれた味わいが特徴。また、バランスに優れた香味のため、幾つもの銘柄を混ぜ合わせて作るブレンドコーヒーのベースになる豆としても好まれています。

    続きを読む

  • ジャマイカ

    代表銘柄
    ブルーマウンテン

    全ての長所を兼ね備える!コーヒー豆の王様ブルーマウンテン

    ジャマイカのブルーマウンテンという山地の中でも、限られたエリアで、限られた農園しか栽培が許されていないコーヒー豆。日本では「ブルーマウンテン」という銘柄を通称で「ブルマン」と呼ぶ人も居ます。全ての長所を兼ね備えた最高級のコーヒー豆として「コーヒー豆の王様」や「カリブの宝石」などの称号の多い銘柄です。バランスのとれた味わいと香味が魅力です。

    続きを読む

  • ハワイ

    代表銘柄
    コナ

    世界で唯一、先進国で栽培される高品質の豆

    ハワイ島のコナ地区という標高600m前後の比較的低地で育てられるコーヒー豆になります。生産地の標高は低いですが、ハワイ特有の海洋性気候のために高地で育てているような高品質が楽しめます。生産量が少なく、先進国のため人件費なども高くて、最近では極めて高い値段で取引されています。草木の甘い香りと果実のような酸味が日本でも人気のコーヒーになります。

    続きを読む

  • コロンビア

    代表銘柄
    コロンビア

    世界のコーヒー栽培を引っ張るコーヒー大国

    世界のコーヒー豆の主要産地として、ブラジル、ベトナムに次いで世界第3位の生産量を誇るコロンビア。栽培されるコーヒー豆は100%アラビカ種です。キレあるすっきりとしたテイストはアメリカンコーヒーにも向いています。酸味と甘みのバランスに優れたコーヒーファンに大人気の銘柄です。ブレンドコーヒーのベースにも良く使用され、バランスとキレに定評のある銘柄です。

    続きを読む

  • インドネシア

    代表銘柄
    コピ・ルアク

    ジャコウネコの糞から採られる最高級コーヒー

    コピ・ルアクとはインドネシア語で、“コピ”は“コーヒー”、“ルアク”は“ジャコウネコ”を意味します。コーヒーの実を食べたジャコウネコの糞から作られるコピ・ルアクは、希少価値が非常に高いため最高級豆に分類されています。独特の香りと深いコクが魅力で、コーヒー嫌いの方でも飲みやすいコーヒーです。

    続きを読む

  • パナマ

    代表銘柄
    ゲイシャ

    世界が認めた最高峰のコーヒー豆

    中央アメリカに位置する小さな島国パナマ。国土の80%が山岳地帯であること、雨季と乾季がはっきりしていること、火山の影響で土壌にミネラルが豊富に含まれていることからコーヒー栽培に最適な国の一つに数えられています。2004年にアラビカ種の在来種である「ゲイシャ種」がパナマスペシャルティコーヒー協会の品評会で1位を獲得し、一般のアラビカ種の10倍以上の価格で落札されたことをきっかけに、世界中でパナマのゲイシャ種の人気が高まりました。ジャスミンやカモミールにも例えられる優雅なアロマ、フルーティーな風味と後味の甘みと華やかさが世界中のコーヒーファンを夢中にさせています。

    続きを読む