脳が喜ぶ、本格コーヒーを味わう。

通販コーヒー完全ガイド

通販で買えるブレンドコーヒー3選

珈琲特急便オリジナルブレンド

バランスの良い味わいをいつでも2,160円(税込)

椿屋ドリップ珈琲セレクション~クラシックアソート~

あのお店の味をいつでも4,200円(税込)

ブルックス ラックらくCafe

気分に合わせて好きな味をいつでも9,750円(税込)

コーヒー豆の種類を知ろう

栽培された土地によって、
個性が変わるコーヒー豆たち

コーヒー豆は世界各国で生産されており、その種類はなんと200種類を超えると言われています。日本で有名なモカやキリマンジャロ、ブルーマウンテンなど、さまざまな銘柄のコーヒー豆があり、それぞれの地域の気候や風土に合わせて栽培されることで、味わいや香り、見た目もその地域ならではの個性となって生まれます。
このページでは、それぞれの国や地域で生産されている代表的な豆の特徴を紹介しています。また、豆の個性をかけ合わせて新たな風味をつくり出すブレンドコーヒーの魅力についても解説します。

品種 味の傾向や特徴
コロンビア コーヒー大国、中南米コロンビア産の豆。
ブレンドのベースとなることが多く、バランスの良い酸味と甘みが特徴。
ブラジル コーヒー生産量は世界の3分の1を占めるブラジル。
酸味が少なくクセがないので、ブレンドにもおすすめです。
グアテマラ 太平洋と大西洋に挟まれた中南米のグアテマラ。
標高の高い地域で栽培された豆は、酸味、コク、香味ともに優れています。
モカ アフリカコーヒーの代表とも言えるモカ。
果実の甘酸っぱさと、チョコレートのような香りが特徴です。
エチオピア 東アフリカに位置するエチオピア。
コーヒーの最も重要な香味は、エチオピア産の豆がいちばんとも言われています。
キリマンジャロ 東アフリカのタンザニアにそびえるキリマンジャロ山で栽培されている豆。
優れた酸味と、しっかりとしたコクが特徴です。
ブルーマウンテン ジャマイカのブルーマウンテンの農園で栽培された豆。
上品な甘みと程よい酸味とコク、全てにおいてバランスのよいコーヒー。
コナ ハワイ島のコナ地区が産地。
生産量は少なく高級豆としてブランド化しています。柑橘系の酸味が特徴です。
ケニア アフリカのケニア産。
特にヨーロッパで高値で取引されています。優れた香味に高い評価を得ています。
コピ・ルアク インドネシアの島々で栽培されているコピ・ルアク。
幻のコーヒーとも呼ばれ、世界一希少価値の高い豆です。独特な香りが魅力。
パナマ 中央アメリカに位置するパナマ産の世界最高峰とも呼ばれる豆。
ゲイシャ種は紅茶のような優雅な香りが特徴。

コロンビアがベースのブレンドコーヒー

しあわせブレンド(珈琲きゃろっと)

特徴

珈琲きゃろっとの「しあわせブレンド」は、良質な酸味を有したコロンビアとエチオピアのブレンドコーヒーです。コロンビアとエチオピアの酸味は華やかさが特徴。フルーティーな香りと果実のような甘みが、しあわせな気分を演出することから名付けられました。コーヒーの奥深さが感じられる上品な味わいの一品です。

価格:1,680円(税込)/200g

グリーンミックス(緑の館)

特徴

コロンビアAPIAをベースに、高品質な中南米産の豆をブレンドしました。苦みを抑えたまろやかな口当たりが特徴です。ビスケットのような香ばしさと、フルーティーな味わいを兼ね備えたグリーンミックス。ペーパードリップで抽出することで、苦みの少ないコーヒーが楽しめます。

価格:500円(税込)/100g

メルカードブレンド(ほの珈琲)

特徴

マイルドな味わいと言えばコロンビア。UCCのロングセラーである「メルカードブレンド」は、ほの珈琲で一番人気です。コロンビアをベースにインドネシア、中南米の豆をバランスよくブレンドした飲みやすいコーヒー。オレンジやカカオのフレーバーがほんのりと香り、程よい酸味と香ばしい後味が楽しめます。

価格:594円(税込)/100g 

ブラジルがベースのブレンドコーヒー

甘いブレンド スペシャルミックス(土居珈琲)

特徴

土居珈琲の焙煎士が自分自身の理想のコーヒーを求め、40年以上の試行錯誤を経て完成させたブレンドコーヒーです。ブラジルをベースにコロンビア、メキシコ産の豆を配合。毎日飲んでも飽きない真の上質さがこだわりです。ビターチョコレートのような甘みを生かし、どんな料理にも合うブレンドコーヒーに仕上げました。

価格:1,404円(税込)/200g

マイルドカルディ(カルディコーヒー)

特徴

カルディコーヒーの看板ブレンドで人気ナンバーワン商品です。口当たりはやわらかく、ブラジル豆特有の優しい甘みを引き出しています。香りが高いのでブラックがおすすめですが、夏は濃いめに抽出すると、すっきりと爽やかなアイスコーヒーが楽しめます。1杯あたり24.8円というリーズナブルな価格も魅力です。

価格:496円(税込)/200g

ヨーロピアンブレンド(オアシス珈琲)

特徴

深いコクが特徴のブラジル豆をベースにしたブレンドコーヒーです。苦みはあるけれど渋みはなく、キレのよさと香ばしさが特徴。飲みごたえのある一品です。芳醇なコクを追求し、適度な苦みと甘みが味わえます。苦みの強いヨーロピアンクラシックはミルクと相性抜群。甘いお菓子と一緒に飲むとほろ苦さが引き立ちます。

価格:950円(税込)/200g

グアテマラがベースのブレンドコーヒー

スペシャルティコーヒーブレンド 011(小川珈琲)

特徴

2018年春に新発売された小川珈琲のスペシャルティコーヒーシリーズ011番は、グアテマラの取り組み農園で栽培された豆を使用しているブレンドコーヒーです。グアテマラ産の豆は、シトラス系のフレッシュな香りと軽やかな酸味が特徴。ブラジルのほんのりとした苦みに、エチオピアのフルーティーな甘みが加わり、奥深い味わいとなっています。

価格:1,134円(税込)/170g

丸山珈琲のブレンド(丸山珈琲)

特徴

丸山珈琲創業当初からのロングセラーの深煎りブレンドです。深煎りのグアテマラとコロンビアをベースに、時期によって旬の豆を配合。チョコレートのような風味、深いコクと華やかな香りは、コーヒー好きな方に長年愛され続けてきました。丸山珈琲の顔とも呼べるブレンドコーヒーです。

価格:648円(税込)/100g

浅煎りブレンド(椿屋珈琲店)

特徴

椿屋珈琲店の浅煎りブレンドは、グアテマラをベースとしたマイルドなブレンドコーヒー。銀座の実店舗でも使用している豆です。ソフトな口当たりで、甘みと酸味がふわっと広がる優しい味わいが特徴。アメリカンが好きな方や、朝の目覚めの一杯におすすめ。ほっとできる癒し系のコーヒーです。

価格:1,170円(税込)/200g

モカがベースのブレンドコーヒー

モカマタリブレンド(コーヒーファクトリー)

特徴

魅惑のコーヒーと呼ばれるモカマタリはイエメンが産地です。果実の強い酸味と甘みは、エキゾチックでワインの香りに似ているとも言われています。コーヒーファクトリーのモカマタリブレンドには、プレミアムなモカマタリを30%使用。苦みは少なく、独特な香りと甘みに、深いコクも味わえるブレンドコーヒーです。

価格:945円(税込)/200g

有機珈琲 フェアトレードモカブレンド(小川珈琲)

特徴

有機JAS認定を受けた農園で栽培された有機コーヒー豆を使用。有機エチオピア55%、有機グアテマラ45%と、100%有機栽培のブレンドコーヒーです。エチオピアのフルーティーな香りが最大の特徴。苦み、酸味、コクのバランスがよく、すっきりとしたクリアの味に仕上がっています。「フェアトレード認証ラベル」取得。

価格:885円(税込)/170g

プレミアムブレンド【PIXY・ピクシー】(加藤珈琲)

特徴

花のような甘い香りが特徴のピクシー。世界各国から届いた100種類以上の生豆サンプルから、加藤珈琲の焙煎士が納得して選んだ良質のモカをベースとしたブレンドコーヒーです。レモンやオレンジなどの柑橘系フルーツを思わせる酸味と甘みが素晴らしく、後味が爽やか。一度飲むと忘れられない一杯となるでしょう。

価格:1,036円(税込)/200g

エチオピアがベースのブレンドコーヒー

FLOWERY&JUICY(堀口コーヒー)

特徴

堀口コーヒーのフルーティーなブレンドコーヒーと言えば、「FLOWERY&JUICY」。その名のとおり、花のような香りと果実の瑞々しさが特徴です。エチオピア特有のジャスミンのような香りと、レモンやマンダリオレンジのフルーティーな甘みを立体的に味わえるように、コスタリカなどをバランスよく配合しています。

価格:1,404円(税込)/200g

ゴールドモカブレンド(オアシス珈琲)

特徴

エチオピアの香り高いモカをベースに、苦みや甘みをバランスよく配合したブレンドコーヒー。口に含んだ瞬間は果実の爽やかな酸味が広がり、まろやかな苦みが余韻として残り、あとを引く味わいです。ブレンドコーヒーならではの奥行きのある美味しさと、酸味と苦みの両方を楽しめる贅沢なコーヒーです。

価格:1,020円(税込)/200g

マイルドブレンド(アートコーヒー)

特徴

アートコーヒーのマイルドブレンドは、エチオピアモカがベース。酸味、甘み、苦みのバランスが取れたコーヒーとして幅広い人に好まれています。やわらかい甘さ、マイルドなコク、フルーティーな後味が特徴のマイルドブレンドはどのような料理にも合うので、贈り物としても最適です。

価格:777円(税込)/200g

コーヒー豆は大きく「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」に分けられる

  • アラビカ種とは・・・

    世界に流通するコーヒー豆の7割を支えるアラビカ種

    コーヒーの豆を大きく分けて考えると、アラビカ種とカネフォーラ種という2種類に分類できます。そのうちアラビカ種とは、コーヒー豆として栽培されている常緑樹のうち70%が該当。世界流通するコーヒー豆は、アラビカ種がメインとなっています。

    主に高地での栽培に適していて、酸味と風味に優れ、そのままストレートで飲んでも十分においしい種類になります。しかし弱点として、病気に弱いというデメリットがあり、さび病や炭疽病など、過去にコーヒー農園に壊滅的な被害をもたらしてきた病気に弱い品種でもあります。

    主な栽培地はブラジル、コロンビア、中央アメリカ諸国、東アフリカ諸国など、主要なコーヒーの産地になります。

  • ロブスタ(カネフォーラ)種とは・・・

    病気に強く大量生産できるロブスタ(カネフォーラ)種

    世界で栽培されている常緑樹であるコーヒーのうち、7割がアラビカ種だと言いましたが、残りの3割はロブスタ(カネフォーラ)種になります。アラビカ種と比べて味が劣るという弱点がありますが、一方で病気や虫害に強く、標高の低い高温多湿の環境でも育つという特長があります。さらに多くの実がつくためコーヒー豆がたくさん収穫できるというメリットも。

    そうした特徴を生かして、主にインスタントコーヒー用の豆として使用されたり、安いブレンドコーヒーのかさ増しに使われたりしています。強い苦味と「ロブ臭」と呼ばれる独特の漢方薬のような香りがあるため、あまりメインでは使われない品種です。

    しかしながら、このロブスタ種の苦味を活かしたジャワ島の「ジャワロブスタ」というストレートコーヒーには愛好家がいるのも事実。2014年の第71回ヴェネチア映画祭にも出品された「チャップリンからの贈りもの」という映画の中では、ロブスタ種で淹れたコーヒーをこよなく愛する棺泥棒がメインキャストとして登場します。

    主な栽培地は、ベトナム、インドネシア、インド、ブラジル、西アフリカ諸国、マダガスカルなどになります。ちなみにロブスタ種の語源は強いというrobustaという言葉から来ているそう。まず、コーヒー豆はアラビカ種とカネフォーラ種に大別されると覚えておきたいですね。

  • リベリカ種とは・・・

    かつてはコーヒーの3原種と呼ばれたリベリカ種

    栽培されているコーヒーの木のうち、ほとんどがアラビカ種とカネフォーラ(ロブスタ)種だと述べました。しかしかつてはリベリカ種も重宝され、コーヒーの3原種と言われていた時代もありましたが、現在は1%程度しか流通していません。リベリカ種はロブスタ種よりも低い、低地や平地でも栽培できるうちに、病虫害にも強いコーヒーの木となっています。

    しかし、樹木そのものがとても大きく育つため、収穫が大変であるというデメリットがあります。さらに果実が実をつけるまでに時間がかかり、収穫量も少ないと言う弱点も。つまり、商業的に有利ではない品種だということです。

    また、収穫されるコーヒー豆の粒の大きさも不ぞろいで、焙煎が難しいという弱点もあります。こうしたマイナス点が重なり、現在ではほとんど市場に流通しなくなってしまいました。しかしながら、フィリピンの「バラココーヒー」やマレーシアの「エレファントコーヒー」など、根強い人気を誇る銘柄もあります。

    もともとリベリカ種はアフリカ西部で自生していた植物で、その後に東南アジアにも持ち込まれたという歴史があります。今でも原種のまま、同地では少量ながら栽培が続けられています。

「モカ」や「キリマンジャロ」は品種ではなく、産地や港の名前

コーヒーが品種ではなく、産地で呼ばれるのはなぜ?

コーヒー豆の種類として、アラビカ種やカネフォーラ(ロブスタ)種、リベリカ種などを紹介してきました。ですが、「なんだか聞き覚えがない」という人も少なくないのでは?「モカ、キリマンジャロなどがコーヒー豆の種類じゃないの?」と思っている人も多いことでしょう。

しかしそうしたモカ、キリマンジャロ、ブルーマウンテンなどの言葉は、実は豆が収穫された産地や地方、山脈の名前、あるいは出荷される港の名前などを表現しています。紅茶のダージリンが、インドのダージリン地方で収穫されているからそう呼ばれるのと一緒。

なぜ、コーヒーは品種の名前ではなく、生産地の名前で呼ばれるのでしょうか。

コーヒー豆が生産地名で呼ばれるワケを詳しく見る